MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース 日産 リーフのバッテリーを再利用!日本初のEVバッテリー再製品化工場が福島・浪江町で開業

自動車ニュース 2018/3/26 12:40

日産 リーフのバッテリーを再利用!日本初のEVバッテリー再製品化工場が福島・浪江町で開業

使用済みリチウムイオンバッテリー

日産と住友商事の合弁会社であるフォーアールエナジーは、電気自動車(EV)の使用済みリチウムイオンバッテリーの再利用および再製品化に特化した日本初の工場を福島県双葉郡浪江町に開所した。

地球温暖化等の環境課題を背景に、EVは急速に世界中で普及している。日本においては、1998年よりEV購入時の補助金交付が実施されており、日本国内におけるEV販売は2010年頃に本格化した。補助金利用者のEV買い替え等が見込まれる2018年を境に、EV搭載のリチウムイオンバッテリーの回収個数は大きく増加すると考えられている。

今後、世界の自動車市場はEVシフトが急速に進むことが見込まれることから、将来的なバッテリー材料市況の高騰などの経済的課題だけではなく、環境課題や社会課題の面からも、EVリユースバッテリーの利活用が注目されている。

フォーアールエナジーは、使用済み車載用リチウムイオンバッテリーの有効活用に着目し、2010年に日産自動車と住友商事によって設立されて以来、再利用や再製品化のノウハウを蓄積してきた。フォーアールエナジーは、使用済みバッテリーの性能を短時間で測定できる技術開発に成功しており、この技術を活用し、全国から回収した使用済みバッテリーの再利用・再製品化ビジネスを新たに開所した工場にて開始する。

なお、新工場は浪江町の藤橋産業団地内に整備され、グローバルな開発拠点としての機能と製造拠点としての機能を有し、国内初の再利用・再製品化拠点となる。製造される製品としては、世界初EV向け交換用再生電池をはじめとし、大型蓄電システムや電動フォークリフト等に使用される予定となる。また、この工場は、東日本大震災後に浪江町が整備している企業立地の第一号であり、地域経済再生や町の発展にも寄与していく。

日産は、ゼロ・エミッション領域におけるリーダーとして、EVの開発、販売を行うだけでなく、EVを普及させ、持続可能なモビリティ社会を構築するために包括的な取り組みを行っている。今後も電気自動車の更なる普及に取り組んでいく。

また、住友商事は、フォーアールエナジーと共同で、定置型蓄電池システム向けなど、EVで使い終わった蓄電池の再利用・再製品化の取り組みを通じて、EVの普及促進に貢献し、地球環境との共生に寄与していくとしている。

【会社概要】

フォーアールエナジー

会社名:フォーアールエナジー株式会社(英名 4R Energy Corporation)

代表取締役社長:牧野 栄治

所在地:神奈川県横浜市

資本金:766百万円

設立日:2010年9月14日

出資比率:日産自動車 51%、住友商事 49%

事業内容:リチウムイオンバッテリーシステムの開発、製造、販売、車載用リチウムイオンバッテリーの2次利用における実証実験、事業化調査など

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR