autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、脳波を活用した運転支援技術や新型リーフをCESに出展

自動車ニュース 2018/1/9 16:25

日産、脳波を活用した運転支援技術や新型リーフをCESに出展

日産の脳波測定による運転支援技術

日産は、2018年1月9日(火)~12日(金)にラスベガスで開催される2018 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で、新型リーフや脳波を活用した運転支援技術「Brain to Vehicle(B2V)」など、最新の商品と先進技術を出展する。

日産の先駆的な研究である「Brain to Vehicle(B2V)」技術は、ドライバーの脳波を測定・解析することで、マニュアル運転時にも自動運転時においてもドライバーの思い通りの運転を実現することをサポートし、ドライビングプレジャーを高めると期待されている。

日産は、あわせて最新のコンセプトカー「ニッサンIMx」、新型リーフやローグ 2018年モデルも展示する。

またニッサンIMxは、「クルマとドライバーがより繋がり、もっとクルマで移動したくなる」コンセプトに、最新の自動運転技術や静かで電気自動車ならではのパワフルな動力性能により、これまでにないドライビングプレジャーを提供する。また、世界で最も販売台数の多い電気自動車リーフの新世代モデルは、プロパイロットやコネクテッドカー技術など、多くの先進技術を搭載している。

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連編集記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!