三菱、パジェロスポーツのロシア現地生産を再開

三菱自動車は、ミッドサイズSUV パジェロスポーツのロシア・カルーガ工場での現地生産を再開し、2017年12月15日に記念式典を開催した。式典には、カルーガ州政府の代表者、PCMA Rusの田口功副社長、三菱自動車の現地販売会社であるMMC Rus(エムエムシー・ルス)の関係者などが出席した。

>>三菱 パジェロスポーツを画像で見る

パジェロスポーツは、インバイト 6MT、インテンス 8AT、インスタイル 8AT、アルティメット 8AT(何れもディーゼル車)の4種類のモデルで販売される。これは、現地生産化されたパジェロスポーツがこれまで販売してきた全てのモデルを保持することを意味する。さらに、インバイト 6MTにもタイヤの空気圧をモニターするTPMSやキーをバッグなどから取り出すことなくドアの開閉及びエンジン始動が可能なKOSを新たに装備した。

カルーガ工場は総面積12万5000平方メートルでで生産能力は年間12万5000台。三菱自動車のミッドサイズSUVアウトランダー、パジェロスポーツの2車種の他、グループPSA向けにも複数の車種を生産している。

また、現地生産再開のために、カルーガ工場では440人の従業員を雇用し、2018年初頭から2直の生産体制を敷く予定。三菱自動車は、ロシア市場における現地生産車の販売拡大に取組み、ロシア経済の復興に貢献していく。

MMC Rusの中村直哉社長兼CEOは 「MMC Rusはロシアの自動車市場の回復に勇気付けられ、将来に向けて大きな希望を持っています。今年は既に販売台数が大幅増となっています。パジェロスポーツの生産再開で市場における当社の地位を強化するほか、保証期間を5年に延長した新価格はパジェロスポーツをミッドサイズSUV市場でユニークな存在にします」とコメントした。

この記事の画像ギャラリーはこちら

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

三菱 パジェロの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 パジェロのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 パジェロの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 パジェロの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 パジェロのニュース一覧

自動車ニュースの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事