ホンダ新型シビックタイプRはデザインが激変!先代との違いを比較してみた

2015年12月に発売されたホンダのシビックタイプRは750台限定でしたが、その数を大幅に上回る10倍超の申し込みがあったそうで、その人気ぶりが窺えます。そして2017年1月に開催された「東京オートサロン2017」で新型シビックタイプRが公開されました。

>>新型&先代「シビックタイプR」フォトギャラリー

新型シビックタイプR

そして今回発表された新型モデルを見たユーザーの反応は・・

「ほんとかっこいい」「くそイケメン」「買う!」「違う車種みたい」「かっこいいけどシビックっぽくない」「全く違う車になってしまった」「高そう」など様々な声があがっていました。

そう、今回の新型シビックタイプRはデザインががらっと変わりました。一体どこがどう変わったんでしょうか?先代モデルのデザインと比較してみたいと思います。(車種についての詳細は下記リンクをご覧ください)

◆新型シビックタイプR

新型シビックタイプR

◆先代シビックタイプR

先代シビックタイプR

◇フロントデザインの変化

先代モデルは全体的に丸みがあるデザインですが、新型モデルは角ばったデザインになり印象が大きく変わっているのがわかります。たしかに「全く違う車になってしまった」というユーザーの意見もわかりますね。

 

◆新型シビックタイプR

新型シビックタイプR

◆先代シビックタイプR

先代シビックタイプR

◇サイドデザインの変化

ボディサイズは公表されていませんが、ボンネット部分が厚みを増したように見えます。全体的に見ると立体感が増した印象を受けます。

◆新型シビックタイプR

新型シビックタイプR

◆先代シビックタイプR

先代シビックタイプR

◇リアデザインの変化

リアバンパーにはディフューザーを備えていて、3本出しセンターマフラーを採用しています。ちなみに先代モデルのマフラーは4本でした。そしてテールランプの形も変わっています。

この記事の画像ギャラリーはこちら

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

ホンダ シビックタイプRの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックタイプRのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックタイプRの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックタイプRの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックタイプRのニュース一覧

自動車ニュースの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事