autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタのハイブリッド車がグローバル累計販売台数900万台を突破

自動車ニュース 2016/5/20 14:42

トヨタのハイブリッド車がグローバル累計販売台数900万台を突破

トヨタ プリウス(4代目)
トヨタ アクアトヨタ シエンタHV

トヨタは、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が、2016年4月末までに901.4万台となり、900万台を突破したと発表した。

トヨタは環境への対応を経営の最重要課題の一つと位置付け、「エコカーは普及してこそ環境への貢献」との考えのもと、これまでハイブリッド車の普及に取り組んできた。

1997年8月に日本でコースターハイブリッドEVを発売、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売して以来、2015年7月末の800万台突破から約9か月で累計販売台数900万台を達成した。

トヨタは直近の1年でも、シエンタにハイブリッドモデルを追加したほか、4代目となるプリウスの販売を開始。海外では、RAV4にハイブリッドモデルを追加し、中国には現地産ハイブリッドユニットを搭載したカローラハイブリッド、レビンハイブリッドを投入した。

2016年4月末現在、約90以上の国・地域でハイブリッド乗用車33モデル、プラグインハイブリッド車(PHV)1モデルを販売している(レクサス含む)。

トヨタは2015年10月に「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表し、地球環境の問題に対してクルマの持つマイナス要因を限りなくゼロに近づけ、持続可能な社会の実現に貢献するためにトヨタが取り組むべきチャレンジを掲げた。

チャレンジの実現ために、ハイブリッド車についてはさらなるラインナップの拡充に努め、2020年までに年間で150万台、累計で1500万台の販売を達成することで環境への貢献を進めていく。

なお、2016年4月末までに販売したハイブリッド車のCO2排出抑制効果は車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較し、約6700万トンに上るとトヨタでは試算しており、気候変動の原因の一つとされるCO2の削減に寄与したと考えている。

また、ガソリン消費抑制量は同等クラスのガソリンエンジン車のガソリン消費量と比較し、約2500万kLの効果があったと試算している。

トヨタは各種エコカー開発に必要な要素技術を含み、様々な燃料と組み合わせることができるハイブリッド技術を「21世紀の環境コア技術」と位置付けている。今後もトヨタのハイブリッド車がより多くのユーザーに選んでもらえるよう、さらなる高性能化やコスト低減、商品ラインナップの拡充に取り組んでいくとしている。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ プリウス の関連編集記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連編集記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR