日産、北米向け「エクストレイル」を国内で生産することを発表

2016年度の国内生産台数が100万台を回復する見込み

日産ローグ(日本名:エクストレイル) 

日産は、北米向けクロスオーバーSUV「ローグ」(日本名:エクストレイル)を、同社の生産子会社である日産自動車九州で補完生産することを決定したことを発表した。

北米向け「ローグ」の日産自動車九州での生産開始は、2016年春を予定している。生産台数は年産10万台程度の規模を計画しており、これにより、2016年度の国内生産台数は100万台を回復すると見込んでいる。

「ローグ」はコンパクト・クロスオーバーSUVの中核となるモデルで、2013年11月に米国で発売して以降、同車が持つ「最適なサイズ、使いやすいユーティリティスペース、優れた環境性能」が高い評価を得ており、特に2015年1月~6月の米国での販売実績は前年同期比で36.3%増の13万5千台と、非常に好調な販売を維持している。

日産ローグ(日本名:エクストレイル) 

好調な販売に追いつかない生産能力

北米向けの現行「ローグ」は米国テネシー州スマーナ工場、及び韓国のルノーサムスンの工場で生産しているが、工場の生産能力は好調な販売に追いつかない状況が続いており、増産に向けた様々な対応策を検討してきた。

日産自動車九州で補完生産することを決めた理由は、同社がグローバルコストリーダーとして、日産のグローバル生産拠点の中でも高いコスト競争力を持つこと、ルノー・日産アライアンスとしてグローバル標準のラインを導入済みであり多車種混流生産などのフレキシビリティを有すること、及びこれまでのローグの生産実績に基づき、立ち上げ初期から高い品質を保証出来ることによるもの。

日産自動車九州は2011年10月の設立以来、自工場内の生産改善のみならずサプライヤーとの同期や近接化、また日韓ダブルナンバーのトラックシャシー導入などに代表される革新的な物流改善や構内無人搬送の拡大などの取り組みによって、日産におけるグローバルコストリーダーの地位を確立してきた。

今後もさらにコスト競争力に磨きをかけ、ルノー・日産アライアンスにおいて重要な生産拠点になることを目指していくという。

日産ローグ(日本名:エクストレイル) 

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

筆者
MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 エクストレイルの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エクストレイルのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エクストレイルの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エクストレイルの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エクストレイルのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる