テスラを追え!欧州プレミアムEVスポーツの行方【ジュネーブショー2018】

ついに本格化したテスラ包囲網作戦

2017年、世界で販売されたEVの総数は142万台だ。

その約半数は中国で、メーカーではBYDなど中国地場メーカーが上位を占める。

また、世界市場でのEV累積販売台数では日産 リーフがトップ。これをテスラが猛追している状況だ。

テスラはロードスターに始まり、現在主力のモデルS、その進化版であるクロスオーバーのモデルX、さらに価格が比較的低い普及型のモデル3の量産が始まったところだ。

こうしたテスラが得意とするカテゴリーを、一般的にプレミアムEVスポーツと呼ぶ。現状では、テスラの独り勝ちだ。

そのため、プレミアム系の自動車メーカーは、世界市場でEVシフトが叫ばれる中、テスラの牙城を崩すべく、プレミアムEVスポーツへの本格参入に向けた準備を急いでいる状況だ。

打倒テスラの最右翼はポルシェ

3月6日にプレスデー初日を迎えた、スイス・ジュネーブモーターショー2018。

注目が集まったのが、プレミアムEVスポーツだ。

中でも目立ったのが、ポルシェだ。記者発表でポルシェ幹部は「我が社として初めてのEVとなる“ミッションe”を来年発売する」と明言したのだ。テスラ モデルSとのガチンコライバルと目されるミッションeは、北欧の公道での走行テストがスパイフォトされるなど、量産開始が近づいているとの情報はあった。発売時期は、2019年~2020年にかけて、との噂があったが、今回の発表で2019年発売が確定した。

さらに驚いたことに、ポルシェはテスラ モデルXへの対抗意識を表面化させるようなコンセプトモデルを発表したのだ。それが、ミッションe クロスツーリスモだ。ミッションeをベースに、背の低いクロスオーバーに仕上げた逸品だ。外観デザインは、ミッションeの雰囲気を十分に残しながらも、他に類のないポルシェらしいい独特のフォルムを実現した。ドア形状は、テスラ モデルXのようなガルウイングではなく、一般的な4ドアを採用した。

公開されたミッションe クロスツーリスモのイメージビデオは、サーフィンやスノーボードなどを題材として、アクティブな生活シーンでの実用性を強調した。ポルシェ幹部は同車の販売時期について「今回の発表で市場の反応をみるが、販売時期はSoon (近い)」と表現し、メディアの関心をあおった。

VWグループは続々にプレミアムEVスポーツ導入

この他、ジュネーブショー2018では、VWがI.D. VISSION、アウディがe-Tron EVプロトタイプなどポルシェと同じVWグループからのプレミアムEVスポーツのワールドプレミアが相次いだ。

また、ジャガーもSUVのEVであるI-PACEの量産型を公開するなど、ドイツ以外の欧州メーカーもテスラへの挑戦状を叩きつけている。

日系メーカーではプレミアムエントリーモデルのUXを発表したレクサスが、1月の米デトロイトショーで発表したLF-1リミットレスについて「(量産時は)プラグインハイブリッド車だけではなく、EV、燃料電池などあらゆる次世代パワートレインに対応する」と明言している。

このように今、世界各地でテスラ包囲網が形成されようとしている。

ポルシェミッションeの発売となる2019年は、プレミアムEVスポーツ元年になりそうだ。

[Text:桃田 健史]

この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

ポルシェの最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる