納車は早くて6月! 古カッコいいミツオカ バディがいよいよデビュー

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
クラシカルで個性的なクルマを手がけているミツオカが、ブランド史上初となるSUVモデル、バディーを発表した。文句なしにカッコいいデザインで、サーバーがパンクするほど問い合わせが殺到しているそうだ。今回は簡単にバディをご紹介するとともに気になる価格も教えます!

>>コレ本当に日本車!? アメ車っぽすぎるバディを隅々チェック

納得の値段? キモは“いつでも買える”コト

もっとも気になるであろう価格だが、469万7000円〜589万9300円(消費税込み)だ。ベースとなるのは2019年に投入されたトヨタ RAV4で、3サイズは全長4730mm×全幅1865mm×全高1685mmとベース車と比べると、全長が120mm大きくなっているイメージだ。ちなみにガソリンとハイブリッドモデルから選択可能で、グレード選択はベースのRAV4とほぼ一緒。

今回嬉しいのが、2018年に台数限定で投入したロックスターなるマツダ ロードスターをベースにしたモデルとは違い、カタログモデルとしたこと。簡単にいえば、いつでも買えるクルマなのだ。

色で迷うコト必須! 最速納車は6月だ

バディはご覧の通り、1970〜80年代のアメ車をモチーフにしており、近年では珍しいカクカクしたボディが特徴だ。角目ヘッドライトやテールゲートのエンブレムなども当時を感じされるデザインで、これこそがバディーのキモである。

>>カッコよすぎるライトに注目! 夜の顔がコレ

ベース車と共通のボディ外板はドアパネルやルーフ程度で、それ以外はバディのオリジナルだという。ちなみに車内デザインは基本的にベースのRAV4とほぼ一緒。

バディの最大の売りはボディカラーと内装色が超豊富なこと。内外装それぞれに18種類もラインアップしており、選ぶだけでも迷ってしまうほどなのだ。

>>分厚いリヤハッチに注目! こだわりがヤバすぎるボディがコレ

ミツオカはご存知の通り、熟練の職人が手作業でクルマを仕上げる数少ないメーカーだ。それだけに年間生産台数は150台を予定しており、最速の納車は2021年6月以降となる見込みだ。

おそらく、というか絶対にバカ売れ必須のバディ。それだけに最速の納車を希望するなら、今すぐミツオカへ!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE SHINRA 森羅
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

光岡自動車の最新自動車ニュース/記事

光岡自動車のカタログ情報 光岡自動車の中古車検索 光岡自動車の記事一覧 光岡自動車のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる