autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ ベリーサ 新型車徹底解説 5ページ目

新型車解説 2004/6/1 11:46

マツダ ベリーサ 新型車徹底解説(5/6)

マツダ ベリーサ 新型車徹底解説

デミオで好評を得ているフレキシブルボードを採用

ベリーサは6対4分割でリヤシートバックを倒してスペースアップできるという、2ボックスモデルとしては一般的な方式を採用する。

スペースアップ時はクッションのフォールダウン機構を持たない1アクションタイプで、ラゲッジルームとの段差ができることとなる。この段差を解消するのがフレキシブルボード。上の写真がフレキシブルボードを下段にセットした状態で、スペースアップされた部分とをフラットにすることができ、大きな荷物も収納しやすい。

当然、フレキシブルボードの下側も収納スペースとなるが、ボードは前後に折りたたむことも可能で、出し入れはしやすい。さらにFF車の場合は通常のラゲッジルームの下にサブトランクも備え、小物を収納しておくことも可能だ。

軽自動車のような凝った収納スペースはもたないが、グローブボックスは上下2段、センターパネル下にもコンソールボックスが装着される。カップホルダーはATセレクター前方に2個、500ミリリットル対応のボトルホルダーが助手席と後席左右のドアに用意されている。

マツダ ベリーサ の関連編集記事

マツダ ベリーサの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ベリーサ の関連編集記事をもっと見る

マツダ ベリーサ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!