実は効果絶大!? エキゾーストマニホールド交換のススメ|FUJITSUBO Super Ex BASIC VERSION

  • 筆者: 小鮒康一
  • カメラマン:小鮒康一
画像ギャラリーはこちら
排気系チューニングはマフラーだけじゃない。今回は、エンジンから出る排気ガスを効率よくマフラーに導く「エキゾーストマニホールド」に注目。装着した車両はユーノス ロードスター。車検対応でありながらその効果にびっくりだったのです!
目次[開く][閉じる]
  1. マフラー交換だけではない排気系チューニング
  2. エキゾーストマニホールド、通称エキマニってなに?
  3. JASMA認定の車検対応商品だから安心
  4. フジツボのエキマニを装着してすぐ中低速トルクの厚さを実感!
  5. 純正ではこもっていたサウンドも心地よく澄んだ音に

マフラー交換だけではない排気系チューニング

エンジンチューニングの第一歩としてよく言われるのが、吸排気系のチューニングだろう。燃料を燃やして動く内燃機関を搭載しているクルマにとって、より多くの空気を取り込んで燃料をよく燃やし、爆発で出た排気をスムーズに排出するというのは非常に真っ当なチューニングと言える。

この吸排気系のチューニングと聞いて多くの人が頭に浮かべるのは、高効率なエアクリーナーへの交換(吸気)と、スポーツマフラー(排気)への交換だろう。しかし、排気系アイテムの老舗であるFUJITSUBOによれば、マフラーの交換よりも実は効果が大きいのが、エキゾーストマニホールド(通称:エキマニ)の交換だというのである。

>>フジツボのエキマニを写真でチェック

エキゾーストマニホールド、通称エキマニってなに?

そもそもエキゾーストマニホールドとは、エンジン本体から排出された排気ガスをマフラー(正確には触媒などを経由するが)に送るためにひとつにまとめる部分であり、言わば排気のスタート地点とも言える部分。つまり、この部分の効率が悪ければ、いくらその後ろのマフラー部分を交換したとしても効果が半減してしまう、というわけなのである。

そんな重要なエキゾーストマニホールドではあるが、純正品はコストの問題や大量生産する際の製造のしやすさなども考慮しなければならないため、必ずしもエンジンに最適な形状をしているとは言い難い。それだけに交換したときに体感しやすい部分と言えるのだ。

とはいえ、言葉だけの説明ではイマイチピンとこない、という人も多いはず。そこで今回は筆者の愛車でもあるユーノス ロードスターにFUJITSUBO製のエキゾーストマニホールドを装着してみることにした。

>>錆びついた純正エキマニはいかにも効率が悪そう

JASMA認定の車検対応商品だから安心

今回装着したのは「Super EX BASIC VERSION」と呼ばれるエキゾーストマニホールド。FUJITSUBOが多くの形状をテストし、最も気持ちの良いエンジン特性を引き出す形状にて製品化されたものだ。

なお今回の装着に当たってはちょうど車検の時期と重なったため、車検整備と共に実施した。これもFUJITSUBOのエキゾーストマニホールドがJASMA認定車検対応品だからこそと言えるだろう。

ちなみに取り外した純正のエキゾーストマニホールドを見てみると(遮熱板が固着して外れず、写真では分かりにくいが)お世辞にも効率が良いとはとても思えない形状となっていた。2世代目となったロードスターではこの辺りの形状が大きく変更されていることからも、初代モデルの純正エキゾーストマニホールドは課題が多かったのかもしれない。

フジツボのエキマニを装着してすぐ中低速トルクの厚さを実感!

いよいよ装着(と車検整備)が終わって戻ってきた愛車のエンジンを始動してみるが、アイドリング時の音量はほぼ変わらず。FUJITSUBOのデータでも純正時もエキマニ装着時も音量は67dBとなっており、爆音がしんどくなってきた初老の筆者にとっては非常にありがたいポイントだった。

そして実際に走行してみると、明らかに低中回転域でのトルクが厚くなっているのが分かった。感覚的には街乗りで多用する2000回転~4000回転でトルクアップが実感でき、まるで排気量が上がったかのような印象だ。FUJITSUBOのデータによると、最大出力は97kw(131.9ps)から98kw(133.3ps)と微増ではあるが、恐らく低中回転域ではもっと明らかな違いが出ているに違いない、と思わせるほどだ。

純正ではこもっていたサウンドも心地よく澄んだ音に

またサウンド面でもアイドリング時はほぼ純正と変わらなかったものの、回転を上げていくにつれて盛り上がっていくようなチューニングがなされていた。純正のときはどちらかというとこもったような音であったが、交換後はもっと澄んだ音になり、それでいて音量もちょうどいいと感じるレベルに押さえられているのはさすが多くのノウハウを持つFUJITSUBOといったところだろう。

余談ではあるが、FUJITSUBOによるとクルマ遊びの文化が浸透しているアメリカでは、マフラーよりもエキゾーストマニホールドにこだわりを持つユーザーが多いのだそうだ。これはなによりエキゾーストマニホールドを交換することの恩恵を知っているユーザーが多いということの裏返し。かく言う筆者も今回の結果を肌で感じて、次からはマフラーよりもエキマニの交換を優先しようと思ってしまったのだ。

[筆者:小鮒康一]

■フジツボ Super EX BASIC VERSION

NA8C ユーノス ロードスター 1.8用 \82,500

(AT車装着不可)

Super EXの詳細はこちら

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

マツダ/ロードスター
マツダ ロードスターカタログを見る
新車価格:
260.1万円339.5万円
中古価格:
28万円522.2万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者小鮒康一
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

マツダ ロードスターの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ ロードスターのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ ロードスターの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ ロードスターの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ ロードスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる