【写真で解説】マツダデザインがここから変わる!? MX-30の特徴を外観から解説

画像ギャラリーはこちら
お、これまでのマツダとは何かが違うぞ! 新型コンパクトSUV「MX-30」を見てそう感じた方は多いはずだ。ボディサイズがほぼ一緒なCX-30と見比べるとその差は一目瞭然。“魂動デザイン”の新潮流、新型MX-30を写真と共に解説する!

マツダデザインが変わった!? 他のシリーズとはちょっと違う! MX-30の外観デザインを写真でもっと見てみる

シンプルなデザインが新鮮なMX-30

これまでの“魂動デザイン”とはちょっと違うぞ

2020年10月8日、マイルドハイブリッド(e-SKYACTIV G)モデルから発売を開始したマツダの新型コンパクトSUV「MX-30(エムエックス サーティー)」。4395mmの全長はマツダのコンパクトSUV「CX-30(シーエックス サーティ)」と同じだが、見た目からして随分と違う形に仕上がった。MX-30とはどういうクルマなのだろうか。今回はその外観について、写真とともに解説する。

ボディサイズはほぼ一緒だけど…MX-30とCX-30の違いに迫る

MX-30のボディサイズは、全長4395mm×全幅1795mm×全高1550mm、ホイールベース2655mm。先行して2019年10月に発売を開始しているコンパクトSUVのCX-30は、全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mm、ホイールベース2655mmと、実はほぼ一緒のサイズとなっている。

CX-30は、エレガントさを増した第二世代の“魂動デザイン”が特徴。ボディサイドの映り込みがS字を描く艶やかな形状は特に印象的だ。

これに対しMX-30は魂動デザインの考え方は同じとしながらも、「Human Modern(ヒューマン モダン)」をテーマにシンプルな立体造形とした。マツダのデザイン潮流がここから変化していくのだろうか。今後の展開も楽しみだ。

シンプルなフロントまわりと力強いリアまわりが対照的

フロントでは、他のマツダ車で見られる「シグネチャーウイング」(グリル下部から左右ライトへとつながるライン)をあえて採用せず、グリル自体も小さめ。力強さを残しつつも、シンプルで親しみやすいデザインとなっている。

ボディサイドも、CX-30の妖艶なS字断面とは異なりシンプルだ。CX-30よりもAピラー(フロントウィンドウの柱)は立っていて、シンプルさを強調。いっぽうでDピラー(リアウィンドウの柱)は寝ていて、このクルマがスペース効率ばかりを追うクルマではないことを暗示する。

Dピラーサイドなどにはメタリックカラーを配置。キャビンの上半分をダークもしくはシルバー色とし、クーペルックとサイドドアを強調させる「フレームドトップ」としたことで、MX-30の独自性が強調された。

フロント部のシンプルさに比べ、ボディ後半、特にリアフェンダーまわりやテールエンドなどはどっしりとしたボリューム感が与えられ、力強さも感じられる。ただDピラーが寝ていたり、ルーフカラーを別色としたことで、見た目の重苦しさは軽減されている。

MX-30最大の特徴「フリースタイルドア」

MX-30最大の特徴といえば、やはり「フリースタイルドア」だろう。2ドアクーペの雰囲気に実用性をプラスした、独自のセンターオープン式(観音開き)構造となっている。

フリースタイルドアは前82度、後ろ80度まで開く。他にはあまり採用例のない独自な形状だが、後席チャイルドシートの乗せ降ろしも楽にできるなど、意外なメリットも。

なおMX-30は今後、EV(電気自動車)モデルも追加される。バッテリー100%で稼働するピュアEVモデルに加え、小型のロータリーエンジンを発電機として搭載し航続可能距離を延ばすモデル(レンジエクステンダータイプ)も登場予定だ。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:大西 靖・MAZDA]

マツダ/CX-30
マツダ CX-30カタログを見る
新車価格:
239.2万円403.7万円
中古価格:
229万円389.3万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

マツダ MX-30の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ MX-30のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ MX-30の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ MX-30の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ MX-30のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる