マツダ CX-8の2列目シートは全3種類存在、一体どのタイプが一番いいのか!? オススメは“豪華仕様ではない”キャプテンシートだった

画像ギャラリーはこちら
3列シートSUVでもっとも売れているのはマツダ CX-8だ。SUVでありながら3列目シートに大人が座っても十分なスペースを確保するなど、その人気は納得である。でも購入する際に悩ましいのが、2列目シートをどの仕様にするか? である。というのもCX-8の2列目シートはベンチシート、キャプテンシート。そして巨大なアームレストが装備されるキャプテンシートをラインアップしており、どれも捨てがたい存在なのだ。そこで今回はファミリー層向けに、それぞれの特徴を徹底解説する。結論からいえばオススメはキャプテンシート仕様だった。
目次[開く][閉じる]
  1. “しっかり使える”3列目シートが魅力のマツダ CX-8
  2. 快適な車中泊がしたいならベンチシート! ベースグレードはUSBポートなし
  3. 一番使い勝手がいいのはキャプテンシート!? 車内に長尺物を積載するのも超便利
  4. 豪華だけど選ぶ際は要注意! 最上級グレードで車中泊はかなり厳しい
  5. 結論! 一番利便性が高いのはキャプテンシートだった

“しっかり使える”3列目シートが魅力のマツダ CX-8

子育て世代を中心としたファミリーや、ミニバンからの乗り換え組なら、3列シートを備えたSUVに注目したいものです。

中でも、スタイリッシュでモダンなデザイン。そしてガソリン、ディーゼルと揃うラインアップの豊富さや、走りの良さが魅力のマツダ CX-8はパパも積極的に選びたい3列シートSUVです。

3列目がエマージェンシー的な薄いシートのモデルもあるのですが、CX-8の3列目シートは2列目と遜色ないクッションとゆとりのスペースで、”ちゃんと使える”3列シートSUVなのです。

>>マツダはなぜミニバンをやめてCX-8に賭けたのか!? その答えは市場の先読みとマツダならではの戦略にあった

悩ましいのは2列目シートが3種類もある点

ただ、2列目シートには3タイプあり、それぞれに装備や使い勝手が変わってくるのが悩ましいところ。

ベンチシートの7人乗り、キャンプテンシートと豪華アームレスト付きキャプテンシートの6人乗りという3種類でなのですが、いったい自分たちにはどれがいいのか? 後悔しない選択をしたいものですね。

なのでここで改めてそれぞれの特徴と、どんなファミリーに合うのかを検証していきたいと思います。

>>マツダ CX-5とCX-8のディーゼルエンジンはイイとこ尽くめじゃない!? 長距離運転向きだが、ガソリン車より手厚いメンテナンスが不可欠だ

快適な車中泊がしたいならベンチシート! ベースグレードはUSBポートなし

まず7人乗りのベンチシートタイプですが「25S」と「XD」、特別仕様車「スマートエディション」はセンターアームレストにカップホルダーが2個つく仕様。

「プロアクティブ」と特別仕様車「ブラックトーンエディション」、「Lパッケージ」と「25T」、「XD エクスクルーシブモード」には、カップホルダーが2個とUSBポートは2個、小物入れがつく豪華仕様となります。

すべて6:4分割で前倒しでき、5:5分割の3列目シートも倒せばフルフラットになります。

自転車など大きな荷物を積む機会が多かったり、車中泊を楽しみたいファミリーにオススメ。

また「ブラックトーンエディション」と「Lパッケージ」、「25T」と「XDエクスクルーシブモード」にはワンタッチウォークイン機構が備わるので、3列目シートへのアクセスもスムーズに。

5人以上の家族や、祖父母を乗せる機会が多いなど、3列目シートをよく使うファミリーは便利ですね。

一番使い勝手がいいのはキャプテンシート!? 車内に長尺物を積載するのも超便利

次に2列目シートから3列目シートへの移動が車内で行えるセンターウォークスルー機構が使えるので、チャイルドシートを2列目に装着するファミリーなど、小さな子どもがいる子育て世代に何かと便利なのが、キャプテンシートタイプの6人乗りです。

ベースグレードは7人乗りのみの設定なので、特別仕様車の「スマートエディション」と「プロアクティブ」、特別仕様車の「ブラックトーンエディション」、「Lパッケージ」がセンターウォークスルーができる仕様となっています。

カップホルダーが付くようなアームレストはないですが、それぞれに角度調整機構付アームレストを装備。

運転席と助手席の間のセンターコンソールの最後部に、カップホルダーとUSBが2個ずつあります。ドリンクを飲むときに、ちょっと手を伸ばす必要があるくらいで、使いにくいほどではありませんが、小物入れがないので後付けのアクセサリーで収納を足すといいですね。

こちらも2列目・3列目を倒すとフラットになりますが、2列目の真ん中にはどうしても隙間ができます。アウトドアレジャーで子どもを寝かせたり、赤ちゃんの休憩などで使う時などは、クッションで隙間を埋めてフルフラットにする必要があります。

また、3列目だけを倒してスキーや釣竿など長尺物を積むのにも、この隙間が活躍しますので、アウトドアスポーツが趣味の3〜4人家族にもピッタリだと思います。

豪華だけど選ぶ際は要注意! 最上級グレードで車中泊はかなり厳しい

最後に、6人乗りの豪華アームレスト付きキャプテンシート。これはトップグレードの「25T」と「XDエクスクルーシブモード」に設定されています。

カップホルダー2個、USBポートが2個、小物入れとストレージボックス付きで、身の回りのものが使いやすくなる装備です。パワーウォークイン機構で3列目へのアクセスがラクになるほか、シートベンチレーションもついているので暑い日も快適に過ごせます。

ただこちらは、2列目シートが前倒しできず、フルフラットにはなりません。大きな荷物が積みたい場合には、2列目シートを前にスライドして、背もたれを前に倒すことで、スペースを稼ぐことになります。

チャイルドシートを2列目に装着してしまうと、背もたれを前に倒しにくくなりますので、小さな子どもがいるファミリーにはあまり向かないのでは? と思います。

子どもがある程度大きく4人までの家族で、2列目シートをゆったりと使いたいファミリーや、普段は3列目シートを倒してラゲッジとして使うことが多いファミリー向き。車中泊にも向かないでしょう。

 

結論! 一番利便性が高いのはキャプテンシートだった

 

ということで、車中泊や大きな荷物を積むフルフラットなスペースが欲しくて、シンプルな装備でいいファミリーには、7人乗りベンチシートの「25S」と「XD」、特別仕様車「スマートエディション」を。

同じ7人乗りでも、USBなどちょっと便利に使える装備が2列目にも欲しいなら、「プロアクティブ」と特別仕様車「ブラックトーンエディション」、「Lパッケージ」と「25T」、「XDエクスクルーシブモード」。

チャイルドシートが必要な小さな子どもがいたり、子育ての利便性を重視したいファミリーには、6人乗りでシンプルなキャプテンシートの「スマートエディション」と「プロアクティブ 」、「ブラックトーンエディション」、「Lパッケージ」。こちらはアウトドアレジャーが趣味というファミリーにもオススメです。

そして6人乗りでも豪華アームレスト付きキャプテンシートタイプは、子どもが小学生以上で大きく、3列目シートは滅多に使わないというファミリーや、2列目シートをゆったりと使いたいファミリーに。ゲストを迎えておもてなしをしたい場合にもピッタリの仕様です。

いかがでしたでしょうか。ぜひ、皆さんにはどのタイプが合っているのか、じっくり選んでみてくださいね。

【筆者:まるも 亜希子】

マツダ/CX-8
マツダ CX-8カタログを見る
新車価格:
299.4万円510.9万円
中古価格:
210.3万円542.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-8の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-8のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-8の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-8の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-8のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる