レクサスLC500の新ハイブリッドシステムは“肉食系”!世界の強豪と戦う準備が整ったレクサス(1/2)

レクサスLC500の新ハイブリッドシステムは“肉食系”!世界の強豪と戦う準備が整ったレクサス
レクサス LC500 レクサス LC500 レクサス LC500 レクサス LC500 画像ギャラリーはこちら

レクサス初の本格スポーツハイブリッドモデルが登場

レクサス LC500hレクサス LC500

スイスで3月初旬に開催されたジュネーブショーで、レクサスはハイブリッドモデル「LC500h」を発表した。1月のデトロイトショーで披露されたLC500に、世界初のマルチステージハイブリッドシステムを搭載したモデルで、レクサスとしては初となる本格的なスポーツハイブリッドだ。

デトロイトでは鮮やかな真紅色の“セクシー”レクサスクーペだったのに対して、ジュネーブではブルーの色に塗られた“クール”レクサスクーペだった。

また、デトロイトでは、いかにもアメリカ人が好きそうな5リッターV8(自然吸気)と10速トルコンATがデビューしたが、今回のモデルで注目されるのは3.5リッターV6エンジンと10速変速を可能とするマルチステージハイブリッドである。

いままでのハイブリッドと違って、新開発のマルチステージハイブリッドを積むLC500hは0-100km/h加速が5秒以下という優れたパフォーマンスを持っているらしい(詳細なデータは未発表)。

しかも、パドルシフトを使うと、5リッターV8のLC500と同じ10段階のシフトが愉しめる。いったいどんなハイブリッドシステムなのか、またLC500の狙いがどこにあるのか、Lexus Internationalチーフエンジニアの佐藤恒治さんと、HVシステム開発統括部HVシステム開発室 主査の大島康嗣さんに話を聞いてみた。

時代に合わせ、多様なパワープラントに柔軟対応できる基本骨格

レクサス LC500hレクサス LF-FC

まずは「LC500」というスポーツクーペのコンセプトを聞いてみた。このLCは今後のFR系レクサス(一部はトヨタのFRセダン)にとって重要なプラットフォームの先兵として登場する。

実はCセグメントのTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)がプリウスから登場したように、FR系のプラットフォームにもTNGAが存在する。LC500のチーフエンジニアである佐藤さんは、FR系TNGAの開発責任者でもあるのだ。

主にレクサスのために開発されるFR系TNGAのコンセプトは今後進化できる柔軟なプラットフォームだと説明された。つまり、今後多様化するパワープラントに柔軟に対応できる基本骨格を持っているということ。

もちろん、2018年ころから米国の安全規準が見直されることも想定して開発が進められている。このように時代に合わせて進化できるプラットフォームがTNGAのもう一つの狙いなのだ。

現段階ではガソリンエンジンや従来型のTHS、さらにLC500hのようにマルチステージハイブリッドも搭載できるようにパッケージしている。近い将来にはFCV(水素燃料電池車)のFRセダンを作ることも視野に入れているという。

そのコンセプトカーは東京モーターショーで発表済みだが、水素タンクの搭載位置に工夫の跡が見られる。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 和夫
筆者清水 和夫

1954年生まれ。1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースで活躍する一方、モータージャーナリストとして、自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。近年注目の集まる次世代自動車には独自の視点を展開し自動車国際産業論に精通する。一方、スポーツカーや安全運転のインストラクター業もこなす異色な活動を行っている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

レクサスの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる