細部まで凝りまくったレクサス NXのデザイン! 新開発2.4ターボエンジンのカバーまでが格好良過ぎる理由は“効率化”の追究にあった

画像ギャラリーはこちら
2021年11月にフルモデルチェンジしたレクサスの主力SUV、2代目「NX」。ブランド初となるPHEV(プラグインハイブリッド)「NX 450h+」が話題だが、いっぽうで新開発の2.4リッターターボエンジン搭載の「NX350」にも注目が集まっている。高性能エンジンゆえ、エンジンカバーのデザイン自体も凝った形状。これまでのレクサス車ではあまりみかけない格好良さがあるのだ。2021年11月末に長野県で行われたメディア試乗会で、その凝ったデザインの秘密について探ってみた!
目次[開く][閉じる]
  1. パワートレイン+駆動方式の組み合わせは6タイプ! 幅広い選択肢からチョイス出来る新型NX
  2. 新型NX350の新開発2.4ターボエンジンはAWDのみとの組み合わせ
  3. カッコいいのは外観だけじゃない! レクサス 新型NX350で注目したいのは「エンジンカバー」だ

パワートレイン+駆動方式の組み合わせは6タイプ! 幅広い選択肢からチョイス出来る新型NX

カーボンニュートラル社会の実現に向け、世界的にクルマの電動化に向けた動きも加速している。エンジンとモーターを協調制御するハイブリッドをコア技術のひとつとして捉えてきたレクサスでは、新型NXで搭載バッテリー量を増やし充電可能としたPHEV(プラグインハイブリッド)車「NX 450h+」を新設定。主力モデルの電動化をさらに推し進めている。

いっぽうで新開発の2.4リッターガソリン直噴ターボエンジンも新投入し、効率を図りながらも走りの楽しさを追求した「NX 350」も設定。ユーザーの多様な需要に応えるラインナップとしている。

新型NXのエンジンラインナップは全部で4種類。FF・4WDの組み合わせでみると、6タイプものラインナップの中から選ぶことが出来るのは、高級車ブランドらしい贅沢さだ。

新型NX350の新開発2.4ターボエンジンはAWDのみとの組み合わせ

さて、レクサス 新型NX350に積まれる直列4気筒 2.4リッター「T24A-FTS」型 ガソリン直噴ターボエンジンは、最高出力279ps(205kW)/6000rpm、最大トルク430Nm/1700~3600rpm。高効率ツインスクロールターボにより低速から発揮される高トルクの特性を、高トルク対応型Direct Shift-8速ATと組み合わせることで最適化。ドライバーの踏み込みに忠実に反応する気持ちの良い加減速性能を可能とした。

このNX350はAWD(電子制御フルタイム4WD)のみの組み合わせ。前後駆動力配分を75:25から50:50の間で自動配分し、接地性を高めながら操舵応答性も高めた設定とすることで、楽しいハンドリングを実現している。

長野県で2021年11月末に実施されたレクサス 新型NXの試乗会では、先ほど記した6タイプのラインナップのほとんどに試乗・取材することが出来た。中でもNX350のハンドリングや加速感は印象的だった。その詳しい試乗インプレッションについては後日お届けするが、今回注目したいのは“エンジンのデザイン”だ。

カッコいいのは外観だけじゃない! レクサス 新型NX350で注目したいのは「エンジンカバー」だ

最近、愛車のエンジンフードを開いたことはあるだろうか。当のレクサス 新型NXもそうだが、メンテナンスフリー化、そして電動化の急激な普及により、エンジン自体が注目を集めることも稀になった。しかし今回撮影でエンジンフードを開けてみたところ、このNX350だけ妙に格好良いエンジンカバーのデザインが施されていることに気付かされた。

近年は、上のNX450h+ PHEVモデル用「A25A-FXS」型エンジンのように、高級モデルであっても割と素気ないエンジンフードというのが当たり前という状況。

しかし2.4リッター「T24A-FTS」型 ガソリン直噴ターボエンジンの場合は別だった。左右には導風用の羽根が鋭角に立ち、センターにもフィンが5枚備わる。凝ったデザインで、なかなかスタイリッシュなのだ。

会場に居合わせた新型NXのエンジン開発スタッフに「格好良いデザインですね」と伝えたところ『これにはちゃんと意味があるんです』とニヤリ。どういうことだろうか。

エンジンカバーの凝ったデザインひとつにも重要な役割があった

横置きされたT24A-FTS型エンジンの奥にはターボチャージャーがある。このエンジンカバーは、エンジンの奥にあるターボチャージャーへ確実に風を導入し、タービンの効率を高める効果を狙ったものなのだという。その上のエンジンルーム側に備わる平らな板も同様の目的があるとのこと。単に効率を上げるだけなら、エンジンフードに空気の導入口を開けてもいいのだが、それはレクサスのキャラクターとは違うだろう。

そしてこのエンジンカバーは、エンジンサイズよりも随分と狭い幅となっているのもちょっと不思議だった。単にデザイン性だけを考えたら、もう少し幅広くして全体を覆っても良いようなものだ。単に格好を良くするだけ、見栄えを良くするためだけのデザインでは全くないという訳である。

外観のデザインと性能の両立を図ったレクサス NX350のエンジンカバーデザイン。こうした細部にもレクサスのこだわりがつまっていた。ディーラーでNX350を見かけた際には、ぜひこのこだわりのエンジンルームもじっくりチェックして欲しい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:小林 岳夫・森山 良雄・LEXUS・MOTA編集部]

レクサス/NX
レクサス NXカタログを見る
新車価格:
455万円738万円
中古価格:
231.9万円690万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス NXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス NXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス NXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス NXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス NXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる