【オマージュは是か非か】ファミリー向け2リッターミニバンのパイオニア“ステップワゴン”とカテゴリーリーダー“ノア/ヴォク”の熾烈な争い

  • 筆者: 萩原 文博
  • カメラマン:トヨタ自動車、本田技研工業
画像ギャラリーはこちら
どんなカテゴリーでも、そのジャンルを生み出した者と追従する者がいます。日本国民のファミリーカーといえる2リッターミニバンを生んだホンダ ステップワゴン、パイオニアに真っ向から勝負を挑んだトヨタ ノア/ヴォク。両車の進化を振り返ってみました。
目次[開く][閉じる]
  1. 国産ミニバンの歴史を紐解いてみると…
  2. 圧倒的人気を誇ったステップワゴンが欲張り過ぎて迷走?
  3. ノア/ヴォクシーは明確なキャラ立ちが奏功して人気モノに
  4. ステップワゴンの巻き返しなるか? 新たな局面へ

国産ミニバンの歴史を紐解いてみると…

2022年1月にフルモデルチェンジを行ったトヨタ 新型ノア/ヴォクシー。そして1月にティザー広告を開始したホンダ 新型ステップワゴン。モデル末期だった2021年の新車販売台数はヴォクシー7万0085台、ノア4万4211台に対して、ステップワゴンは3万9247台と3倍近い差となっています。

ファミリーカーの定番モデルとなっている2リッターミニバンクラスにおいて、現在はノア/ヴォクシーがカテゴリーリーダーとして君臨し、これをステップワゴンと日産セレナが追う展開となっています。

ここでは、国産ミニバンの売れ筋となっている2リッタークラスの歴史を振り返ってみたいと思います。

2リッターミニバンという新境地を切り開いたステップワゴン

商用モデルと同じように運転席の下にエンジンを搭載し、後輪駆動を採用するキャブオーバータイプが中心だった1990年代。初代ステップワゴンは、クリエイティブムーバーシリーズ第3弾として1996年5月に登場しました。

キャブオーバータイプの1BOX車をラインナップしていなかったホンダは、乗用車のプラットフォームを流用。エンジンを運転席前に搭載した前輪駆動(FF)の1.5BOXというステップワゴンを誕生させました。

現在の2リッタークラスミニバンのパイオニアである初代ステップワゴンは、機能性を優先した5ナンバーサイズの四角いデザインを採用したことで、大人8人がゆったりできる広い室内空間を実現したモデルでした。

そして快適な乗り心地と静粛性を兼ね備えた、質の高い走りを実現するため、フロントはストラット式、リアはダブルウィッシュボーン式という乗用車と同じサスペンション形状を採用しました。

これら革新的な機能によって、ファミリーカーでも走りの良さを失わないという、ホンダらしさを感じられるステップワゴンはおおいにヒットしました。

圧倒的人気を誇ったステップワゴンが欲張り過ぎて迷走?

2001年には初代のイメージを踏襲した2代目が登場します。そしてステップワゴンは2005年に登場した3代目で大きく路線変更することになります。

「ユーティリティ・ミニバンの空間のゆとり」と「セダンの走りの質」を高い次元で併せ持つ、次世代のユーティリティという価値をミニバンで実現することを目指したという3代目は、低床・低重心のプラットフォームを採用。ボディサイズも四角いボクシースタイルから空力特性に優れたワンモーションフォルムを採用しました。

室内空間の広さや利便性と同時により高い走行性能を実現させるために全高を下げたこと、ワンモーションフォルムを採用してスタイリッシュさを追求しましたが、その結果、新車販売台数で苦戦してしまいます。

一度の迷走で実力はあるのに人気が伴わないことに

2009年に登場した4代目は再びボクシースタイルに。そして2015年から販売開始した5代目の先代ステップワゴンは、もう一度ワンモーションフォルムに戻りましたが、マイナーチェンジでスパーダはボクシースタイルになるなど、迷走してしまいます。

また、先代ステップワゴンのリアゲートに採用した縦開き、横開き両方が可能なわくわくゲートですが、個人的には狭い場所でのモノの出し入れに便利だと感じました。そのうえ重いわくわくゲートを採用するため、リアゲート付近を補強したことでミニバン屈指の走行性能を手に入れたという予想外のメリットもあり、高い実力と人気が伴っていない惜しいモデルといえるでしょう。

ノア/ヴォクシーは明確なキャラ立ちが奏功して人気モノに

対して、2リッターミニバンのメインストリームであるノア/ヴォクシー。実はFF化されたのが2001年と、2代目ステップワゴンの誕生と同じ年でした。

ファミリー向けにプレーンなデザインを取り入れたノアに対して、2段の薄型ヘッドライトを採用した押し出し感を強めたヴォクシーと、キャラクターを明確に分けたのも成功しました。ノア/ヴォクシーは走行性能というよりは、外観デザインや利便性を追求したモデルと言えます。

2007年に登場した2代目ノア/ヴォクシーはさらにデザインの差別化を進め、とくにヴォクシーは押し出し感を強めたモデルでした。また、5ナンバーサイズ車をメインにエアロパーツを装着した3ナンバーサイズ車も登場させ、押し出し感の強いヴォクシーのエアログレードが売れ筋となりました。

さらにG’sと呼ばれる専用サスペンションやボディ補強などを施したカスタムモデルも追加されています。

王道をひた走るノア/ヴォクシーに対抗できるか

3代目となる旧型ノア/ヴォクシーは2014年に登場。ノアはアンダーグリルと一体化した大型フロントグリルとヘッドランプの組み合わせにより、ワイド感とフロントマスクの厚みを持たせ、ミニバンの王道を行く"堂々感"を表現。

一方のヴォクシーは、ヘッドランプと連続する上下2段構成のフロントグリルを採用して独特の美意識を徹底した"毒気"のあるカッコ良さを表現しています。

先代型ノア/ヴォクシーのストロングポイントは2リッターのガソリンエンジンに加えて、いち早く1.8リッターエンジンのハイブリッドシステムを搭載したこと。当初は5ナンバーサイズの標準車のみでしたが、2016年には3ナンバーサイズのエアロ系グレードにもハイブリッドを追加しています。

さらに、マイナーチェンジを重ねるごとにフロントグリルが大型化し、ヴォクシーだけでなくノアも存在感を放つ外観デザインとなりました。

ファミリーカーとして使われることが多いクルマなので、お子さん達も歓ぶようなカッコ良さがスタイリングに求められ、ノア/ヴォクシーはまさにその要望に応えたことが人気の秘訣と言えるでしょう。

ステップワゴンの巻き返しなるか? 新たな局面へ

2022年1月に登場した新型ノア/ヴォクシーは、先代までの流れを踏襲し、存在感溢れる外観デザインを採用。一方の新型ステップワゴンはボクシースタイルに変更し、原点回帰したプレーンなデザインとなりました。

先行して発売した新型ノア/ヴォクシーは納車が長期となる人気となっています。一方、先行予約の受付を開始した新型ステップワゴンは今春発売ですが、すでに納車まで5カ月〜半年待ちの状態。果たして2リッターミニバンの争いはどんな局面を迎えるのか、非常に楽しみです。

[筆者:萩原文博/撮影:トヨタ自動車、本田技研工業]

ホンダ/ステップワゴン
ホンダ ステップワゴンカタログを見る
新車価格:
271.5万円444.9万円
中古価格:
14.8万円465.5万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

萩原 文博
筆者萩原 文博

記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ ステップワゴンの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ステップワゴンのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ステップワゴンの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ステップワゴンの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ステップワゴンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる