autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー ジープ ラングラーがフルモデルチェンジ|新型ラングラー(JL)には新開発の2L直4ターボ搭載、今後ディーゼルやPHEVの追加も!【LAショー2017】

モーターショー 2017/12/1 20:51

ジープ ラングラーがフルモデルチェンジ|新型ラングラー(JL)には新開発の2L直4ターボ搭載、今後ディーゼルやPHEVの追加も!【LAショー2017】

関連: ジープ ラングラー Text: ケニー中嶋 Photo: ケニー中嶋・FCA
新型 ジープラングラー【LAショー2017】
新型 ジープラングラー【LAショー2017】新型 ジープラングラー【LAショー2017】新型 ジープラングラー【LAショー2017】新型 ジープラングラー【LAショー2017】画像ギャラリーはこちら

新型“ジープ ラングラー”の登場は2017年のLAオートショー最大のニュースだ

新型 ジープラングラー【LAショー2017】新型 ジープラングラー【LAショー2017】

2017年のLAオートショー最大の話題は、フルモデルチェンジした新型“ジープ ラングラー”の登場だろう。

ミリタリージープから派生した民生仕様のシビリアンジープを表す”CJ”として誕生して以来、世界中で長く愛されて続けてきた伝統のオフロードジープ。セブンスロットグリルの面構えを一瞥するだけでラングラーと判る基本デザインは踏襲しつつも、新型ではややワイドなスタンスへと変貌を遂げている。

タフなオフロード性能を満たすためのボディ・オン・フレームと前後リジッドアクスルという基本構造はもちろん継承されているが、一方で軽量化と燃費向上を図るために、全てのドア、ヒンジ、ボンネット、フェンダー、ウィンドシールドフレームなどには抗張力アルミ材が用いられ、リアのスイングゲートにはマグネシウム素材が奢られている。

4輪コイルスプリングのサスペンションはショックアブソーバーをチューニングし、オフロードの走破性を損なうことなくオンロードのハンドリング性能が高められた。

いうまでもなくオフロード性能はクラス最高で、アプローチアングル44度、デパーチャーアングル37度、ブレークオーバーアングルは27.8度、最低地上高は277mm。さらに水深30インチ(762mm)まで走破可能だという。

>>これぞ”Theアメリカ”! 新型Jeepをフォトギャラリーで見る【画像185枚!】

V6 3.6リッターに加え新開発の直4 2リッター直噴ガソリンターボを搭載

新型 ジープラングラー【LAショー2017】
新型 ジープラングラー【LAショー2017】

新型ジープ ラングラー(JL型)のパワーユニットは、ガソリンエンジン2種類だ。

新開発の2リッター4気筒直噴ターボはクラス最高の出力270hpと400Nmのトルクを発揮。3.6リッター「ペントスター」V6エンジンは最高出力285hpと最大トルク353Nmで、アイドルストップ機能がつく。

変速機は全車8速ATまたはV6のみ新開発の6速MTのチョイスが設けられている。

四輪駆動システムに関しても、ハイ/ローのトランスファーケース付きのフルタイム四駆をラングラーとして初採用する。

今後ディーゼルやPHEV(プラグインハイブリッド)の追加も!

新型 ジープラングラー【LAショー2017】

北米でも要望の高いディーゼルエンジンについては、今回のモデルチェンジから少し遅れて2019年に、3リッターV6エコディーゼルがラインナップに加わることになるとのこと。

さらに会場で開催されたプレスカンファレンスでは、2020年にラングラー初のPHEV仕様も追加されることもアナウンスされた。

新型ジープは、かなり本気だ!

2ドアと4ドア、ソフトトップとハードトップなど多彩なバリエーションを用意するジープ 新型ラングラー

ジープ ラングラー
新型 ジープラングラー【LAショー2017】新型 ジープラングラー【LAショー2017】

新型ジープ ラングラーのグレードは、2ドアボディにはスポーツ、スポーツS、ルビコンの3種類を、4ドアボディはスポーツ、スポーツS、サハラ、ルビコンの4種類をそれぞれ設定。サハラとルビコングレードにはLEDヘッドランプが用意される。

ハードトップとソフトトップを選ぶことができるが、ソフトトップには初めて電動トップが用意された。

フレームごとフロントガラスを前方に倒すことも簡単にでき、ドアも簡単に取り外せるのはラングラーならではの機能で、オフロードでは抜群の威力を発揮する。

さらにハーフメタルドアにはオプションで横下方向の視認性に優れた窓を設けたものを選ぶことができる。

日本での発売日や価格は未発表だが、こういった選択肢の広さ、バリエーションの豊富さは、さすがオフローダーの王道を歩んできたジープ ラングラーだ!

[レポート:ケニー中嶋/Photo:ケニー中嶋・FCA]

>>新型Jeepをフォトギャラリーでもじっくり見てみる【大量画像185枚!】

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ジープ ラングラー の関連編集記事

ジープ ラングラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジープ ラングラー の関連編集記事をもっと見る

ジープ ラングラー の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR