メルセデスCクラスやBMW3シリーズに強敵現る ~「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート~(1/4)

メルセデスCクラスやBMW3シリーズに強敵現る ~「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート~
「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート/大谷達也 「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート/大谷達也 「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート/大谷達也 「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート/大谷達也 画像ギャラリーはこちら

ライバルはズバリ「Cクラス」「3シリーズ」・・・ジャガーはホンキだ!

「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート/大谷達也「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート/大谷達也

ジャガーは間違いなく本気だ。

なにしろ、強豪ひしめくDセグメントに再参入するにあたって、彼らはシャシー、ボディ、そしてエンジンまで最新世代の技術を投入した“XE”を新開発し、「メルセデス・ベンツ Cクラス」、「BMW 3シリーズ」といったライバルたちに真っ向勝負を挑もうとしているのだ。

ジャガーはフォード傘下にあった2001年に「Xタイプ」でDセグメントに参入していながら、ビジネス面の成功を収めることができずに撤退したという苦い経験がある。グループ内の「フォード モンデオ」をフルタイム4WD化して誕生したXタイプは、クルマとしての完成度は決して低くなかった(なにせ、名作の誉れ高いあのモンデオがベースなのだから当然!)けれど、どうやらジャガーファンには“血中ジャガー濃度”が低いと断じられたようでセールスは振るわず、2009年には生産終了とされたのである。

その開発は慎重かつ大胆に

「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート/大谷達也

その後、ジャガーがフォードの元を離れ、ランドローバーともどもインドのタタ・グループに属するようになったのはご存知のとおり。とはいえ、ジャガー・ランドローバーはタタに隷属する立場ではなく、むしろいまではグループ全体の稼ぎ柱となるほどの成功を収めているのだから、その動向は極めて責任重大といえる。

もっとも、現在のところサルーンとしては「XF」(メルセデスでいえば「Eクラス」)と「XJ」(同じく「Sクラス」)しかラインナップしていないジャガーがいま以上に売り上げを伸ばすのであれば、メルセデスのCクラスやBMWの3シリーズと同じDセグメントへの参入は避けて通れない。ただし、Xタイプで苦汁をなめた経験があるから、今度は慎重かつ大胆に白紙から新型車を開発したという次第である。

アルミを多用したモノコックボディを採用

「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート/大谷達也

では、ジャガーはどのくらい本気でXEを作り上げたのだろうか?

まずボディは軽量高剛性なアルミを全体の75%以上に用いた意欲作。これほど広範にアルミを使ったDセグメントはほかにないと断言できる。ちなみに、ジャガーでは最上級サルーンXJのボディもアルミ製だが、XEよりひとクラス上のXFはスチール製。間もなく登場の次世代XFもボディはアルミ製になるようだが、ひとまわり小さなXEに先にアルミ・ボディを与えるあたりにも、このモデルに賭けるジャガーの意気込みが表れている。

ハンドリングと乗り心地・・・二律背反をクリアする「インテグラルリンクサスペンション」を新開発

「ジャガーXE」(ガソリンモデル) 試乗レポート/大谷達也

これにともなってサスペンションもすべて新設計とされた。しかも、フロントに贅沢なダブルウィッシュボーン式を採用しただけでなく、リアにも凝りに凝ったインテグラルリンク式を採り入れている。これは複雑なリンクを組み合わせることで、ハンドリングに影響するホイールの位置と向きはしっかり抑えるいっぽう、乗り心地に影響するショックは柔らかく受け止められる優れモノ。おかげで、ハンドリングはシャープなのに乗り心地は快適そのものという、いわば自動車の二律背反を乗り越えた足回りとなっている。

ちなみに駆動系は当面、全モデル後輪駆動となるが、追って4WDを投入する計画もあるようだ。

[エンジンラインナップも多彩・・・次ページへ続く]

1 2 3 4 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
大谷 達也
筆者大谷 達也

1961年、神奈川県生まれ。エンジニア職を経験後、1990年二玄社に就職し、CG編集部に配属となる。以来、20年間にわたり同誌の新車情報、モータースポーツに関する記事を企画・編集・執筆。2010年3月フリーランスとなる。現在もCGの編集・執筆業務に携わる傍ら、ENGINE、GENROQ、東京中日スポーツ新聞、レーシングオンなどにも寄稿。日本モータースポーツ記者会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 石苔亭いしだ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ジャガー XEの最新自動車ニュース/記事

ジャガーのカタログ情報 ジャガー XEのカタログ情報 ジャガーの中古車検索 ジャガー XEの中古車検索 ジャガーの記事一覧 ジャガー XEの記事一覧 ジャガーのニュース一覧 ジャガー XEのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる