autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スポーツカーの顔を併せ持つSUV、ジャガー E-PACE(Eペイス)が日本上陸|発表会レポート

新型車解説 2018/2/23 18:10

スポーツカーの顔を併せ持つSUV、ジャガー E-PACE(Eペイス)が日本上陸|発表会レポート(1/3)

関連: ジャガー Eペイス Text: 内田 俊一 Photo: 内田 俊一/ジャガー・ランドローバー・ジャパン
ジャガー E-PACE(Eペイス)[新型コンパクトパフォーマンスSUV] 発表会[2018年2月22日/会場:1OAK TOKYO(東京都港区)]
ジャガー E-PACE(Eペイス)[新型コンパクトパフォーマンスSUV] 発表会[2018年2月22日/会場:1OAK TOKYO(東京都港区)]ジャガー E-PACE(Eペイス)[新型コンパクトパフォーマンスSUV] 発表会[2018年2月22日/会場:1OAK TOKYO(東京都港区)]ジャガー E-PACE(Eペイス)[新型コンパクトパフォーマンスSUV] 発表会[2018年2月22日/会場:1OAK TOKYO(東京都港区)]ジャガー E-PACE(Eペイス)[新型コンパクトパフォーマンスSUV] 発表会[2018年2月22日/会場:1OAK TOKYO(東京都港区)]画像ギャラリーはこちら

コンパクトサイズのベイビージャガーが登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは“ネコの日”である2月22日、ジャガーの新型コンパクトパフォーマンスSUVである、E-PACEを発表した。

2種類のガソリンエンジンと1種類のディーゼルエンジンからなる3つのエンジンバリエーションが導入され、すべてのモデルにAWDシステムが組み合わされる。価格はエントリーグレードのE-PACE 2.0L D180の451万円から。

>>ジャガー E-PACEの写真を詳しく見る【画像71枚】

高い運動性能と実用性を兼ね備えた、日本市場にピッタリなコンパクトSUV

ジャガー E-PACE(Eペイス)[新型コンパクトパフォーマンスSUV] 発表会[2018年2月22日/会場:1OAK TOKYO(東京都港区)]
ジャガー E-PACE(Eペイス)[新型コンパクトパフォーマンスSUV] 発表会[2018年2月22日/会場:1OAK TOKYO(東京都港区)]

ジャガーF-PACEに続く2番目のSUVモデル、E-PACEについてジャガー・ランドローバー・ジャパン代表取締役社長のマグナス・ハンソン氏は、「我々はベイビージャガーと呼んでいます。この意味は、まずサイズがコンパクトであること。次に新たに誕生したジャガーということなのです」という。また、「コンパクトパフォーマンスSUVとして、スポーツカーの運転性能と、実用性を兼ね備えた日本市場にぴったりのクルマです。E-PACEもF-PACEと同様、多くの新しいお客様をジャガーに迎えることが出来るでしょう」と期待を語る。

そして、「E-PACEもスポーツカーらしさ、抜群のスタイリングというジャガーらしさを守り抜いています。さらに、間もなくジャガー初のエレクトリックパフォーマンスSUV であるi-PACEがジュネーブモーターショー直前に発表される予定です」と述べた。なお、このi-PACEは2019年初めに日本にもやってくる計画だ。

3~40代、世帯年収1000万円以下をターゲット

ジャガー E-PACE(Eペイス)[新型コンパクトパフォーマンスSUV] 発表会[2018年2月22日/会場:1OAK TOKYO(東京都港区)]

E-PACEのユーザー層について同社マーケティング・広報部ディレクターの若林敬一氏は、「30代から40代で、日本では世帯年収ベースで1000万円以下の方を6割ぐらいは獲得したい。男女比率もこれまでは男性のイメージが強かったのですが、今後は女性を4割ぐらいにしていきたい」と述べる。その背景には、購入年齢層を引き下げ、また、そういったユーザーを基盤とし、同社内でアップグレードさせていきたい考えなのだ。

もう少し具体的に、同社マーケティング・広報部プロダクトマネージャーの佐藤健氏は、「8割くらいは新規顧客だと想定しています」という。まず、「比較的若い、ドイツ車などの少しスポーティなSUV輸入車ユーザーで、次期車として、ドイツ車以外にも乗ってみたいと思っている人たちです。もうひとつは、比較的高い年齢層では、ミニバンからの卒業生。子供と一緒に乗らなくなったので、少し個性的なクルマに乗りたいと思っている人が多くいるので、そこも狙えるでしょう」と述べ、日本車からの乗り換えも期待している。

また、「40代後半から50代のユーザーは、その年代に来ると自分のクルマとしてあと何台買えるのかを考え始めます。そこで、最後には輸入車に乗りたいという層が間違いなく多くいらっしゃいます。そこに、輸入車のエントリーとして当てはまるでしょう」と説明した。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ジャガー Eペイス の関連編集記事

ジャガー Eペイスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー Eペイス の関連編集記事をもっと見る

ジャガー Eペイス の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR