ホンダ フリード+はメーカー純正の“車中泊カー”! コンパクトなのに大人2人が余裕で就寝可能な実力派だった

画像ギャラリーはこちら
ホンダのコンパクトミニバン「フリード」の5人乗り仕様「フリード+(プラス)」は、単にサードシートを取り外しただけの仕様ではない。他に類を見ないほどのメーカー純正“車中泊カー”だった! 実際に寝てみたところ、全長わずか4.3メートルの車内にも関わらず、大人2人が余裕で就寝出来る“高性能”ぶり。改めて驚かされた、フリード+の車中泊性能をチェックする!
目次[開く][閉じる]
  1. 車中泊に特化したシートアレンジ「おやすみモード」が優秀過ぎる!
  2. 全長わずか4.3メートルにも満たないコンパクトサイズなのに、大人2人が余裕で就寝出来ちゃう実力
  3. 純正アクセサリーもホンキ! 専用マットに専用シェード、どちらもフィット感が素晴しい

車中泊に特化したシートアレンジ「おやすみモード」が優秀過ぎる!

3列シートレイアウトの「ホンダ フリード」に対し、「フリード+(プラス)」は2列・5人乗りのレイアウトだ。しかし単に3列目(サードシート)を取り払っただけではなく、荷室部分を床面やテールゲートまで全て刷新し低床化。上下2段の荷室スペースを確保すると共に、後席を前倒しするとフラットな荷室面が現れる。

荷室の床面がフラットというだけなら他のモデルでも良く見られるものだが、フリード+はさらに工夫を加えた。

前席(運転席・助手席)を前にスライドさせ、背もたれも前傾。同時に後席座面も前端までスライドさせたうえで前倒しさせることで、荷室空間を最大限まで拡張するようにしたのだ。後席背もたれと荷室の隙間をつなぐボードも備えているから、フラットな床面はそのまま維持される。

この状態では運転出来ないがそれで構わない。このモードの名称は「おやすみモード」だからだ。そう、メーカー純正の“車中泊”仕様という訳である。

全長わずか4.3メートルにも満たないコンパクトサイズなのに、大人2人が余裕で就寝出来ちゃう実力

フリード+の「おやすみモード」にした場合、ラゲッジのバックドアから後席座面(後席は背もたれを前倒しするだけではなく、座面も前に倒す「ダブルフォールディング」式だ)までのおおよその距離は、実に180cm以上ある。

前席の背もたれまでなら190cmを超える実寸がある。荷室幅も、最も狭いところでも120cm以上が確保されているから、この状態で大人2人が余裕で寝ることが出来る。小学生低学年以下の小さな子どもなら、親子3人での就寝すら可能だろう。

何よりこれが、全長わずか4.3メートルにも満たない5ナンバーサイズのコンパクトミニバンで実現できたことが凄いことである。

純正アクセサリーもホンキ! 専用マットに専用シェード、どちらもフィット感が素晴しい

メーカー純正の“車中泊”仕様だから、純正アクセサリーにもそれに対応したパーツがしっかり用意されている。写真のマットレスは、ホンダアクセス製の「ラゲッジクッションマット」(2万2000円・税込)。

サイズは幅:約123cm×長さ:約180cm×厚さ:約3cmというものので、当たり前だがフリード+の「おやすみモード」にピッタリとハマる。筆者も実際に寝ころんでみたが、直(じか)で寝ると気になった床面のわずかな段差や凸凹も、しっかりと吸収してくれる優れものだった。

窓全面を内側から覆ってくれる「プライバシーシェード」(4万1800円・税込)も車中泊には必須のアイテムだ。フィット感がバツグンなのは純正だから当たり前だとして、車内側は明るいグレーで圧迫感が少ないのが嬉しい。また外側はブラックだから、夜なら外からガラス越しに見てもほとんどわからない状態。車中泊している状態を悪目立ちさせない…そんな配慮も感じられる。

夢の車中泊旅に誘う「フリード+」の魔力!

他社にはない純正車中泊カー「フリード+」の凄さが伝わっただろうか。こんな様子を写真で眺めているだけで、思わず「旅に出たくなった!」という方もいるはず。何より実際に体感した筆者が、写真を見てあらためてそんな気分になってしまったのだから間違いない。

気になった方はこの週末にでも、販売店で実車の“寝心地”を確かめてみて欲しい!

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:佐藤 正巳・Honda・ホンダアクセス]

ホンダ/フリード+
ホンダ フリード+カタログを見る
新車価格:
218.2万円304万円
中古価格:
119.6万円298.2万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ フリード+の最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリード+のカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリード+の中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリード+の記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリード+のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる