ホンダ シビックが誕生から50周年! 初代〜4代目を振り返る【歴代シビック振り返り・上編】

画像ギャラリーはこちら
1972年に初代が登場して以来、2022年で50周年を迎えたホンダを代表する「シビック」。1997年にデビューした「タイプR」シリーズを含め高い人気を誇っているモデル。ここではその長い歴史の中から、初代〜4代目までを振り返る。
目次[開く][閉じる]
  1. 初代シビック(1972年)
  2. 2代目(1979年):スーパーシビック
  3. 3代目(1983年):ワンダーシビック
  4. 4代目(1987年):グランドシビック

初代シビック(1972年)

狭い道でも扱いやすく、楽に車庫入れができるなど、気軽に乗れる世界戦略車として作られた初代シビック。

初代シビックには、FF・横置きエンジン、ハッチバックスタイル、ストラット方式四輪独立懸架サスペンションなどの様々な先進技術が導入された。

発売当初、パワートレインには1.2リッターエンジンに4速MTのみの設定だったが、その後ラインナップが拡大。ボディタイプも3ドアハッチバックや5ドアハッチバックなどが展開されたほか、「ホンダマチック」と称する無段変速機構のオートマチック車も追加された。

さらに、1973年には排ガス規制「マスキー法」に対応した排出ガス浄化技術を組み込んだ「CVCCエンジン」を搭載した1.5リッター車を発売した。

1974年にはアメリカへ1.5リッターモデルの輸出を開始。海外でも低公害でかつ燃費の良いモデルとして認められ、米環境保護庁が当時おこなった燃費テストでも、初代シビックの輸出仕様車は1974年度〜1977年度まで4年連続で首位を記録。CVCCエンジンが認められたことは、ホンダの本格的な北米進出の足がかりとなった。

2代目(1979年):スーパーシビック

2代目シビックは、1979年に登場。2代目では発売以来7年ぶりに経済性、居住性、走り、作りなどを一段と向上させつつ、初代の成功もあり、基本はキープコンセプト。また、2代目では、シビックシリーズ初の愛称となる「スーパーシビック」の名が付けられた。

バリエーションも、1.3リッターと、1.5リッターの計11車種18タイプと充実。1980年には、より高い燃焼効率を引き出すCVCC-IIエンジンを開発。燃料経済性の大幅向上と排出ガスレベルの低減、出力とトルクの向上を同時に実現した。

1980年8月には、シビックの生産累計台数は200万台を突破。翌年には、ステーションワゴンタイプのシビックカントリー、オーバードライブ付ホンダマチック機構搭載車、FF・ノッチバックスタイルのシビック4ドアセダンなどを次々と発表。より一層幅広いニーズに応えられるラインナップとし、1982年5月にはシビック生産累計は300万台に到達した。

3代目(1983年):ワンダーシビック

FFリーダーカーとして確固たる地位を確立したシビックは、1983年9月に3代目へフルモデルチェンジ。個性明快をキーワードにワンダーシビックとして登場した。

「マン・マキシマム、メカ・ミニマム(人間のためのスペースを最大限に、メカニズム・スペースを最小限に)」というM・M思想の基本コンセプトをもとに開発されたこのワンダーシビックは、年々多様化するマーケットニーズを背景に、そのラインナップも拡大。

走り重視の3ドアハッチバック、広さと空力性能を両立させた4ドアセダン、スーパーユーティリティスペースを備えたシャトル5ドアと、3・4・5ドアのバリエーションを確立した。

1984年には1.6リッターモデルも追加されレースにも用いられるように。シビックのスポーティなイメージはこのあたりから始まった。また、ホンダで初となる日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞。1987年7月には、生産累計が500万台を突破した。

4代目(1987年):グランドシビック

4代目シビックは1987年9月に登場。グランドシビックの愛称がつけられた。

「ヒューマン・フィッティング・テクノロジー」の考えのもと、人間の感性を軸にした、性能としての爽快感を重視して開発を進め、スタイリングはロー&ワイドプロポーション、インテリアは、ゆるやかな曲面で包み込むフルソフトラップラウンドにより圧迫感のない室内空間を実現。

エンジンバリエーションには、1.3リッターから1.6リッターの高効率を追求したハイパー16バルブエンジンを5種類用意。

さらに1989年9月には、画期的な可変バルブタイミング機構を持つ、高性能DOHC VTECエンジンを搭載した「シビックSiR」も登場し、より一層充実したラインナップとなった。

ここまで初代シビックから4代目シビックを振り返ってきた。次回は5代目のスポーツシビックから8代目シビックを振り返る。そちらもお楽しみに!

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
319万円394万円
中古価格:
43万円480万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 西村屋本館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ シビックの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる