ホンダ 新型シビックが激変! シンプルなのにカッコいい11代目シビックの外観を先代モデルと比較してみた

画像ギャラリーはこちら
ホンダを代表するハッチバック車「シビック」。1972年の初代から数えて11代目となる新型モデルが、2021年9月3日より発売を開始した。アグレッシブなフォルムが印象的だった先代10代目モデルとは一転、水平基調かつ低重心なフォルムに刷新された新デザインが大きな特徴だ。そこで今回は新型シビックと、先代シビックを写真で比較。新旧モデルのスタンスの違いなどを見比べてみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. クールだが印象的な新型と「タイプR」をほうふつとさせる戦闘的なデザインの旧型
  2. 古典的な美しさも意識した新型シビックのフォルム! 見どころはAピラーの位置にあり
  3. 機能がかたちに現れた新型と、アグレッシブなスタイルを印象付ける旧型

クールだが印象的な新型と「タイプR」をほうふつとさせる戦闘的なデザインの旧型

これが新しいホンダ シビックのフロントマスクだ。他であまり見たことがない独特の形状をしたフロントグリルと、シンプルなヘッドランプの組み合わせがクールな印象だ。

真正面だとわかりにくいが、ヘッドランプよりもグリル部が前に低く突き出した形状となっている。

続いてこちらは先代型シビック。「タイプR」ではない。ノーマルの「シビック ハッチバック」の姿だが、タイプRと言われても納得してしまうほど、戦闘的な迫力あるデザイン形状が印象的だ。

古典的な美しさも意識した新型シビックのフォルム! 見どころはAピラーの位置にあり

新型シビックのボディ下部の形状はシンプルかつワイドなスタンスで、見た目にも落ち着いた安定感が感じられる。

そして最大の見どころはAピラー(フロントウィンドウを支える柱)の角度にある。その延長線上には前輪の車軸がまっ直ぐつながる位置関係。これは古典的なクルマの黄金比を踏襲しているのだ。

いっぽうの旧型は、Aピラーの位置が少し前寄りにあるキャビンフォワードなスタンス。ピラーの延長線上と車軸がつながらないことがわかるだろうか。こうすることで先進的な印象を与える効果がある。この辺りは新型と旧型で好みがわかれるところだろう。

ちなみにボディ後半の基本的なフォルム(シルエット)自体は、新旧で共通するイメージもある。しかし実際には新型の「クリーン&スポーティ」なデザインと、旧型の「アグレッシブ&スポーティ」なデザインとでは、目指す方向が随分と変わっているのである。

機能がかたちに現れた新型と、アグレッシブなスタイルを印象付ける旧型

フロント以上に変化がわかりやすいのがリア周りだろう。

新型シビックのアーチ状のルーフラインは後席頭上にピークがあり、室内の広さを予感させる。また広いハッチゲートの開口部などから、荷室の使い勝手もいかにも良さそうに映る。このように機能が形に表れているのだ。

実際に乗り込んでみて、荷室を使ってみても、見た目の印象通りの仕上がりとなっているのは言うまでもない。

いっぽう、フロントはキャビンフォワード、わかりやすく言うと「前のめり」なスタンスをとる旧型シビック。そのフォルムを強調する効果を狙い、テールランプの位置も高めに設置される。三角の大型テールランプとリアバンパーの四角い装飾で、走り去った後も強い印象を残す。こちらはこちらでカッコいいデザインなのである。

ここまで、新旧のシビックを写真でじっくりと見比べてみた。さて、アナタのお好みのデザインは一体どちらだろうか。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:佐藤 正巳・Honda]

>>古典の手法も使いシンプルに攻めた新型シビック! アグレッシブな旧型シビックとの違いを写真でもっと見る[画像ギャラリー]

ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
319万円354万円
中古価格:
32.8万円438万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 法師温泉 長寿館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ シビックの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる