天国と地獄を分ける!? 人気車と残念なクルマの違いはここだ! ハッチバック&セダン編

画像ギャラリーはこちら
2019年にデビューした新型車の中でも、好調に売れた人気車と残念なクルマがある。販売格差はなぜ生じたのか、同じカテゴリー同士の車種を比べながら探ってみたい。今回はハッチバック&セダン編だ。

<<”天と地”それぞれの車を画像でチェック!

ミドルサイズカー:トヨタ カローラシリーズVSマツダ3

まずトヨタ カローラシリーズとマツダ3を比べる。5ドアハッチバックのカローラスポーツは2018年の登場だが、セダンとワゴンのツーリングは2019年に発売された。マツダ3のファストバック(5ドアハッチバック)とセダンも2019年だ。

3ナンバーへ変更し、走行安定性と乗り心地のバランスが大幅UP!

カローラシリーズは、従来型の特徴である5ナンバーサイズから、新型は3ナンバー車になった。そこで従来の5ナンバー車(アクシオとフィールダー)も、法人などに向けて継続生産されている。

3ナンバー車になった新型カローラシリーズは、プラットフォームをプリウスや海外版カローラと共通化したこともあり、走行安定性と乗り心地のバランスを格段に高めた。そのため、ヴィッツと共通のプラットフォームを使った先代型とは大幅に異なる。インパネの周辺など、内装の質も向上し、安全装備も充実。車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなど、運転支援機能も備わっている。

3ナンバー車にはなったが、セダンとツーリングは日本向けのボディを採用して、全長は4500mm以下、全幅も1745mmに収まる。今でもセダンとワゴンの中では小さな部類に入っており、カローラの位置付けを守った。伝統ある車種とあって保有台数も多く、売れ行きは好調だ。1か月の登録台数は1万台を上まわり、小型/普通車では最高峰の販売実績となった。

価格は従来型よりも高いが、ツーリングSは1,8Lノーマルエンジンを搭載して、ディスプレイオーディオや各種の安全装備も標準装着していながら221万6500円。セダンのSなら213万9500円に収まる。従来から使われる1.8Lエンジンを改良して搭載した背景には、コストと価格の低減もあったようだ。

トヨタ/カローラスポーツ
トヨタ カローラスポーツカタログを見る
新車価格:
216.9万円284.1万円
中古価格:
141万円334万円

悪条件を積み重ねてしまったマツダ3

対するマツダ3は、2019年9月の登録台数は7533台に達したが、10/11月は2000台を下まわり販売台数が安定しない。内装の質や前後席の居住性はカローラシリーズと同程度で、乗り心地は若干見劣りするが、操舵感はマツダ3が機敏でスポーティだ。

それでもマツダ3の販売が低迷するのは、クルマの良さが伝わりにくいからだ。外観はほかのマツダ車と似ていて、良く見れば美しいが、イメージを捉えにくい。ファストバックはクルマ好きには魅力的だが、一般的にはボディ後部のピラー(柱)が強調され過ぎた。個性の強いカタチをしており、後方視界は決定的に悪い。

売り方にも問題がある。発売は2019年5月だが、この時点で用意されたのは1.5Lガソリンと1.8Lクリーンディーゼルターボのみで、2Lガソリンは7月の発売と案内された。さらに火花点火制御圧縮着火技術を使う新型エンジンのスカイアクティブXは、2020年1月に入って、ようやく初期受注の納車が始まったが、1月上旬は、試乗車は販売店に用意されていなかった。

一般的にクルマを買う時は、すべてのグレードを把握した上で購入する仕様を決めたい。ところがマツダ3では、スカイアクティブXの動力性能や燃費が分かったのは2019年11月であり、初期受注が伸び悩んで当然だろう。いつ買えば良いのか分からず、困っている間に購買意欲も薄れた。

また、価格も高い。2WDで見ると1.5Lの15Sツーリングが231万5989円、2Lで比較的割安な20Sプロアクティブは251万5741円、1.8LディーゼルのXDプロアクティブは291万1741円、スカイアクティブXのXプロアクティブは319万8148円だ(2Lガソリンに比べて約68万円高い)。マツダ3の価格は、スカイアクティブXを除いても250~290万円だから、カローラシリーズの210~260万円(ハイブリッドを含む)に比べてかなり割高になる。

このほか従来型となるアクセラの保有台数が少なく、なおかつ車名をマツダ3に変えたことで、継続性が絶たれたことなどもマイナスに作用した。マツダ3では悪条件が重なっている。

マツダ/MAZDA3ファストバック
マツダ MAZDA3ファストバックカタログを見る
新車価格:
222.1万円394万円
中古価格:
210.7万円384.2万円

次回は軽自動車編をお届け! お楽しみに!

[筆者:渡辺 陽一郎]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ カローラスポーツの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラスポーツのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラスポーツの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラスポーツの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラスポーツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる