autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 スイフト/ヴィッツ/ノートを徹底比較 ~ハイブリッド追加で注目のコンパクトカー~

3台比較 2017/2/27 20:23

スイフト/ヴィッツ/ノートを徹底比較 ~ハイブリッド追加で注目のコンパクトカー~(1/4)

関連: スズキ スイフト , トヨタ ヴィッツ , 日産 ノート Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 小林岳夫・和田清志
スイフト/ヴィッツ/ノートを徹底比較 ~ハイブリッド追加で注目のコンパクトカー~

ハイブリッド追加で注目のコンパクトカー

スズキ スイフト

今は日本の自動車メーカーも海外市場に力を入れ、国内では新型車の発売が滞っている。ニューモデルは輸入車の方が多いほどだから、日本車の売れ行きが伸び悩むのも当然だが、コンパクトカーにはこの数か月間で動きがあった。

2016年11月には日産 ノートがマイナーチェンジを行い、ハイブリッドのe-POWERを追加。ノートは日産の主力車種とあって売れ行きを伸ばし、2016年11月と2017年1月の登録車(小型/普通車)の月別販売ランキングでトップに立った。

また、2016年12月にはスズキ スイフトがフルモデルチェンジを実施。スイフトにもマイルドタイプのハイブリッドが設定され、2017年1月から販売を開始して堅調に売れている。2017年1月にはトヨタヴィッツもマイナーチェンジを実施してハイブリッドを加えた。

これらの内、現行ノートの発売は2012年、ヴィッツは2010年だから、両車ともフルモデルチェンジを実施して良い時期だ。しかし、既存のグレードはマイナーチェンジで済ませ、ハイブリッドの追加で需要を喚起するやり方は消極的だが、今の国内市場ではこの程度のテコ入れでもニュースになる。

また5ナンバーサイズのコンパクトカーは運転がしやすく、価格も割安だから人気が高い。経済性も重視されるので、ハイブリッドを設定すると注目を集める。

そこで今回は、スイフト/ヴィッツ/ノートのコンパクトなハイブリッド3車を比べることにした。

>>スイフト/ヴィッツ/ノートの写真を見る

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スズキ スイフト の関連編集記事

スズキ スイフトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スイフト の関連編集記事をもっと見る

スズキ スイフト の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR