autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フィアット 500ツインエア 試乗レポート/日下部保雄

試乗レポート 2011/3/24 13:26

フィアット 500ツインエア 試乗レポート/日下部保雄(1/4)

関連: フィアット 500(チンクエチェント) Text: 日下部 保雄 Photo: オートックワン編集部
フィアット 500ツインエア 試乗レポート/日下部保雄

今度は900ccのエンジンを載っけて、かっ飛びまっせ!

フィアット 500 ツインエア
フィアット 500 ツインエアフィアット 500 ツインエア

人気の500に「ツインエア」と言うユニークなエンジンが搭載された。このエンジンは900ccの4バルブ2気筒のDOHCエンジンで、インタークーラーターボで過給するものだ。

アバルト以外の500は、従来のラインアップ上、1.4Lが最上位エンジンだったが、ツインエアは500cc落とし、これに代わるエンジンとなる。

2気筒と言っても、このエンジンはハイテク満載。スロットルバルブの代わりに吸気バルブで直接流入量をコントロールすることで、ストロークごとに微妙なコントロールが可能で、燃費低減に向けてマルチエアシステム、可変バルブタイミング、バランスシャフト、アイドルストップ機構などを盛り込む。

トランスミッションは5速のシングルクラッチの2ペダル。フィアットではデュアロジックと呼ぶタイプで、ツインクラッチではない。

これは従来のフィアット500と変らない。フィアット500ツインエアは、500のトップグレードにあたり、POPとLOUNGEの2グレード、それにLOUNGEにはキャンバストップの「C」も加わる。

さすがにイタリアらしい優れたセンスを見せる500のデザインは、エクステリアとインテリアに大きな変更は見られない。キュートなエクステリアデザインと、シンプルだがよくまとめられたインテリアは、いつ見ても飽きを感じさせない。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フィアット 500(チンクエチェント) の関連編集記事

フィアット 500(チンクエチェント)の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500(チンクエチェント) の関連編集記事をもっと見る

フィアット 500(チンクエチェント) の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR