Lesson3 雨の日のお出かけを楽しむコツとツボ!

  • 筆者: 柴田 珠美
  • カメラマン:OfficeTAMA
Lesson3 雨の日のお出かけを楽しむコツとツボ!
降り始めに注意 滑りやすい場所:横断歩道 滑りやすい場所:マンホール 目線と車間 画像ギャラリーはこちら

レインドロップの時間もクルマとのお出かけを楽しもう!

雨の日の運転は苦手、コワイ・・・と感じる方はいませんか?

雨の日のクルマとのお出かけは、まず『いつもと違う』ということを理解してから乗ることが大切なココロ構え。雨の日は、視界も悪く、路面が滑りやすくなっているので、当然ブレーキの効きかたもタイヤのグリップ感も変わってきます。『いつもと違う』ということをココロにとめておけば、雨の日の運転は、晴れた日の運転以上に、車間距離をじゅうぶんにとろうとか、いつもよりスピードを落とすようにするなど、気配りポイントが変わってくるはずです。

わたしの運転へのちょっとした気配りがココロにゆとりをうみ、それがセーフティドライブにつながります。 雨の日の運転のココロ構えを取り入れて、ブルーな雨の日のお出かけもクルマといっしょにハッピーなひとときを過ごしましょう!

雨の降り始めは滑りやすいコトを覚えておこう

降り始めに注意

雨の降り始めは路面が滑りやすくなっています。それは乾いていた路面の上にもとからあった砂ぼこりや枯葉などが雨水と混ざり合って、滑りやすい膜を路面に作ってしまうため。

そのまま雨が降り続けば、路面の砂ぼこりなどは雨に流されるけど、雨の降り始めは路面が乾いている状態から、滑りやすい路面に変わるポイントなので注意が必要です。

ふだんからココロ構えは同じですが、雨の降り始めは特に、急ブレーキ、急ハンドルといった「急」がつく動きも禁物です。スピードを落として、安全運転を心がけましょう。

横断歩道やマンホールの上は滑りやすいスポット

滑りやすい場所:マンホール

マンホールの上や、横断歩道や停止線などのペイント部の上は滑りやすいスポットです。とくにそれらが集中している場所が交差点。ペイントと道との境目の箇所は雨が溜まりやすいので、運転操作には注意が必要です。

また交差点付近では歩行者にも要注意。カサに視界を遮られている歩行者は、クルマに対する注意を怠りがち。ドライバーはしっかりとスピードを落として、目で確認しながら通過しよう。

速度域が高い雨の日の高速道路では、雨水が溜まりやすいわだちに注意。水のたまっている道を高速で走行すると、水の上をクルマが滑走するような状態になり、道とタイヤとの接地力が無くなって、操作ができなくなってしまうことがあります。(ハイドロプレーニング現象といいます)

雨の日は速度規制をしっかりと守ることが何より大事なポイントです。

ふだんから目線は遠くを意識して周囲の状況を知ろう!

目線と車間

雨の日の運転は視界が悪く見えにくいので、どんどん近くばかりを見てしまいがち。そうなると先のほうで起きている出来事に気付くのが当然、遅れてしまいます。なるべく目線は遠くを見るように心がけて運転をしよう。

これはふだんの道でも高速道路でも、天気に関係なく、安全運転につながる大切なポイント。ふだんから先のほうを見るように意識して走ることができれば、これまで気がつかなかった周囲の状況が見えてきます。より多い情報を得ることができれば、運転にも余裕とゆとりが生まれてくるはずです。

ウインドウのくもり除去にカーエアコンを使おう

エアコン

梅雨の時期は外の空気を入れても湿気を多く含んでいるので窓のくもりをとることができませんよね?

そんなときに役立つのがカーエアコン。デフロスター(温風を窓ガラスにあてて内側のツユを蒸発させたり、窓ガラスを温める装置)スイッチがあればいっしょに入れて、乾燥した空気をフロントガラスにあててくもりの除去を。

またフロントガラスの外には撥水効果のあるコーティングを、フロントガラスの内側にはくもり止めを塗ることで窓のくもりを防ぐことも可能です。(こちらの詳細はカーケアレシピで紹介します!)

車内専用シューズのススメ!

専用シューズのススメ

濡れたシューズの底でペダル操作を行うと滑りやすいのは当然のこと。雨の日は運転する前にシューズの底をぞうきんで拭いてから運転することをオススメします。

いちおしプランは、車内専用シューズを用意すること。運転に適したシューズを車内に1足用意しておけば、ヒールのある靴でお出かけしたいときも、運転する前に車内でさっと履き替えられるのでオシャレにも貢献してくれます。

車内シューズを入れておくのに便利なカー用品が、写真のシューズトレイ。カラーはホワイトとダークブラウンの2色展開。シート下の収納力を増やしたいかたにもオススメのアイテムです。

シューズトレイ(500円)問い合わせ先:ヤック(株)TEL0564-66-0773(お客様相談室)→ http://www.yacjp.co.jp/

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者柴田 珠美
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAがオススメする宿・旅館

MOTAがオススメする宿・旅館

マツダ デミオの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ デミオのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ デミオの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ デミオの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ デミオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる