手軽なワインディングに最高級の眺望のある「諏訪エリア」|おすすめドライブスポット

画像ギャラリーはこちら

自動車評論家 まるも 亜希子が選ぶ! おすすめドライブスポット

幼い頃によくドライブで訪れた場所は、大人になって自分で運転して訪れてみると、実に色んな想いが心に湧いてくるものです。ここに辿り着くまでの道は、こんなにクネクネしてたんだなぁとか、思っていたよりもずっと狭いんだなぁなんて気づきもありました。

当時私を乗せてきてくれた両親や祖父、伯父たちの気持ちがオーバーラップするようで、ちょっと甘酸っぱい感覚に浸ってしまいます。

そんな思い出スポットでいちばん心に残っているのが、長野県茅野市に住んでいた祖父によく連れていってもらった、諏訪湖や霧ヶ峰、蓼科、車山高原、白樺湖に女神湖、ちょっと小さめサイズが趣深い、蓼科湖です。

私自身は千葉県育ちですが、数年前から父が諏訪に戻って田舎暮らしをしていることもあって、今でも年に数回は訪れる第二の故郷とも言える場所。ここら辺の道は、適当に気の向くままに走ってみても、とても気持ちのいいドライブコースで大好きなのですが、大人になってから改めてお気に入りとなっているコースが2つあります。

それはどちらも、初心者でも楽しめる手軽なワインディングを爽快に走りながら、ちょっと休憩がてらに立ち寄ると、最高級の眺望に出迎えられて「うわ~」と感動せずにはいられない! そんなコースです。

おすすめスポットその1:「諏訪湖」

一つ目のおすすめスポットは「諏訪湖」です。

中央自動車道の諏訪ICを降りたら、目の前の諏訪バイパスを通過して国道20号に出てください。左折して岡谷方面へず~っと走っていくと、右手に長野県有数の名門校である諏訪清陵高校が見え、「元町」交差点を右折すると県道40号へ。

ここからがプチワインディングのスタートで、ちょっとクネクネとした上り坂が続きます。

そのまま霧ヶ峰までワインディングを楽しんでもいいのですが、行きでも帰りでもぜひ途中に見えてくる「立石公園」でひと休みしてください。お天気が良ければ、キラキラと輝く美しい諏訪湖が目に飛び込んでくるはずです。

昼間も、夕暮れ時も、夜景もステキ。何度来ても、ここから眺める諏訪湖は最高だなと思います。映画「君の名は。」に出てくる景色はここを参考にしたということで、ファンにとっては聖地と言われているようですね。でも立石公園には、絶景だけでなく子どもも大興奮の「ロング滑り台」もあるのです。しかも無料! 階段を降りていくと、小さな滑り台などの遊具もあって、子ども連れのファミリーにもオススメですよ。

おすすめスポットその2:「杖突峠」

さて二つ目のおすすめスポットは、「杖突峠」です。

諏訪ICを降りたら今度は茅野方面へ右折してくださいね。ずんずん行って、「安国寺西」交差点を右折すると国道152号へ入ります。トンネルを抜けたら、またちょっとしたワインディングがスタート。

この道は「杖突街道」と呼ばれていて、だんだんと山が深くなってきたあたりに、お目当ての杖突峠が現れます。比較的広めの駐車場があるので、よくライダー達がツーリングの途中でひと休みしています。そしてレトロな外観が懐かしさを誘う「峠の茶屋」にはぜひ立ち寄って欲しいところ。2階の展望喫茶「風の詩」には展望台があって、ここからの眺めも素晴らしいのです。

右を見れば八ヶ岳! 左を見れば諏訪湖&北アルプス! 父は生まれ故郷のこの景色が定期的に見たくなるらしく、一緒に行くと「あれが●▲岳で、あっちが□○山」なんて解説してくれるのですが、ぶっちゃけ私はまったく覚えられません(笑)。それでも、ず~っと眺めていたくなる絶景だということは、心の癒され具合が教えてくれます。

温かいコーヒーを飲みながら、しばし日常の雑務を忘れて心を空っぽにする。そんな時間がここなら叶うと思います。もちろん、余裕があれば杖突峠の先にもエキサイティングなワインディングが続き、伊那へ抜けることができるので、「走りたい気分」な時にもオススメですよ。

ひとりでも、誰かと一緒でも、きっと心が喜ぶドライブスポット。ぜひ出かけてみてくださいね。

[筆者:まるも 亜希子]

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる