autoc-one.jp 記事・レポート 特集 【はずさない】ドライブスポット 自動車評論家 渡辺 陽一郎が選ぶ! 本当は教えたくない穴場ドライブスポット

ドライブ 2019/1/9 14:30

自動車評論家 渡辺 陽一郎が選ぶ! 本当は教えたくない穴場ドライブスポット

自動車評論家 渡辺 陽一郎が本当は教えたくない穴場ドライブスポットとは

「穴場」というほどではありませんが、東京の目黒通りを走り、世田谷から横浜に抜ける第三京浜道路に乗り入れるルートは、運転して気持ちが良いです。もちろん横浜から東京に入る時も同様です。

特に環状7号線と環状8号線の間は、休日になると交通量も減ってスムーズに走れます。気温が適度な春と秋には、1950年代に生産されたダットサン(日産)とか、オースチン・ヒーレー・スプライトなどが、のんびり散歩を楽しんでいることがあります。お母さんとお嬢さんが乗っているアウディとか、背伸びをしないで上質なクルマを使っている様子もうかがえます。

クルマ好きにはピッタリなルート 「目黒通り沿い」

三菱 新型デリカD:5

目黒通り沿いの等々力付近は、お店もオシャレですね。スーパーマーケットの紀ノ国屋等々力店、ザ・ガーデン自由ケ丘店など、ちょっと価格は高いですが、穏やかな感じで良いお店です。

この前、中年のご婦人が紀ノ国屋等々力店にポルシェ・ケイマンで買い物に来て、フロントフードを開けて購入した食材などの袋を入れてました。1人だったから助手席に置けば良いのに、フードを開けるのが好きなのでしょうか。

デニーズ・ダイナー八雲店もできました。普通のデニーズに比べると店内がラウンジ風で、けっこう美味しいです。おすすめは選べるサラダの4種盛りで、価格は1300円。ちょっとクせになりそうな感じです。

目黒通り沿いには、クルマのディーラーも多いです。メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、ボルボ、プジョー、マセラティ…。空冷の水平対向4気筒エンジンを搭載していた時代のフォルクスワーゲンを扱うFLAT4(フラットフォー)、新旧のランドクルーザーがズラリと並ぶRenoca(リノカ)世田谷店も、見ているだけで楽しいお店です。クルマ好きにはピッタリのルートでしょう。

気分をリフレッシュさせてくれる 「第三京浜道路」

マツダ 新型CX-5

世田谷の第三京浜道路・玉川インターチェンジの出入口付近にある等々力渓谷も、おすすめのスポット。初夏は爽やかで気持ちが良いです。頭上には環状8号線が走っているのに、階段をトコトコと下ればそこは渓谷。何とも不思議な空間が広がっています。

第三京浜道路は、道幅が広くて走りやすく、渋滞も少ないので快適です。東京と横浜を結ぶ自動車専用道路としては、首都高速神奈川1号横羽線もありますが、道幅が狭めでカーブも多く、少し緊張します。休日にのんびり走るなら、第三京浜道路がおすすめです。

通行料金が安いことも第三京浜道路の魅力です。玉川から保土谷まで、ETC、現金ともに片道390円です。首都高速神奈川1号横羽線では、羽田から横浜駅東口まででETCが片道930円、現金では1300円になります。この差は大きいですね。

目黒通りと第三京浜道路を結ぶルートは、わざわざ走りに出かけるというより、少し遠回りして帰る時にちょうど良いと思います。イオンスタイル碑文谷店などもありますから、ちょっと寄り道して、夕飯のおかずを買って帰る時なども好都合です。何となくブラリと走り、気付いたら気分がリフレッシュされている、そんなルートだと思います。

[筆者:渡辺 陽一郎]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR