自動車評論家 藤島 知子が選ぶ! 本当は教えたくない穴場ドライブスポット

自動車ジャーナリスト 藤島知子さんが教えたくないドライブスポットを紹介!

以前、とある自動車雑誌で47都道府県を巡る連載をやらせていただいた時、様々なドライブルートを巡りました。その中で、特に印象的だった道は2箇所。1つが北海道、もう1つが長崎県の海沿いのルートです。

広大な景色を堪能できる「オロロンライン」

本州側から北の地、北海道にはカーフェリーに揺られて上陸しましたが、函館や小樽などの港町を巡って、新鮮な海鮮をいただくのも最高です。また内陸部の富良野で、ラベンダー畑を眺めるのも王道の楽しみ方でもあります。

でも私の心が最も揺さぶられたのは、北海道の西部の小樽から最北端の稚内までの約380kmを結ぶ「オロロンライン」。日本海を遠くまで望む海辺の風景はもちろん、内陸部ではサロベツ原野と呼ばれる未開拓の広大な原野を通過。スケールの大きい大自然に、クルマと自分が呑み込まれそうになる感覚に「人間ってちっぽけだな~」って思えます。

ロマンティックな雰囲気をもてなす「サンセットロード」

もう1つは、長崎の海沿いの島を巡る「サンセットロード」。長崎といえば、16世紀のキリシタンが歩んできた歴史が感じられる教会やスポットが点在していますが、その独特な風景や海沿いの島を橋で繋ぎ、外国との間を満たす東シナ海を黄金の夕陽と静寂とともに望む時間は掛けがえのない思い出となるはず。カップルで出掛けたら、きっとロマンティックな気分に浸れること請け合いです。

[筆者:藤島 知子]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
藤島 知子
筆者藤島 知子

通称「藤トモ」。スーパー耐久のレースクイーンを経験後、軽自動車レースに参戦したことがきっかけで様々なレースに参戦。レースで培った技術と女性ならではの視点が魅力の女性モータージャーナリスト。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる