アストンマーティン V8ヴァンテージS 試乗レポート/石川真禧照(1/4)

  • 筆者: 石川 真禧照
  • カメラマン:アストンマーティン・アジア・パシフィック
アストンマーティン V8ヴァンテージS 試乗レポート/石川真禧照
アストンマーティン V8 ヴァンテージS アストンマーティン V8 ヴァンテージS アストンマーティン V8 ヴァンテージS アストンマーティン V8 ヴァンテージS 画像ギャラリーはこちら

本格的なサーキット走行を楽しめるアストン・マーティンが登場!

アストンマーティン V8 ヴァンテージSアストンマーティン V8 ヴァンテージS

英国のアストン・マーティンは、1960年代から日本にも輸入されているモデル。当時はロールス・ロイスと大差ない高価格帯で販売されていた。

V8ヴァンテージは、V8シリーズの上級モデルとして1977年にデビューし、89年まで生産された。しかし、同社の経営は常に安定せず、60年代から現在までの60年間に8回もオーナーが変わっている。それでも英国の高級スポーツメーカーとしての地位を保っているのは、やはり、アストン・マーティンのブランド力だろう。

現行のV8ヴァンテージは、2005年に前オーナーのフォードの支援の下で開発、発売された2シータースポーツ。V12エンジンのアストン・マーティンと区別する上で、ベビーアストンとも呼ばれている。

今回、新たに加わったV8ヴァンテージSは、V8ヴァンテージのスポーツ性をさらに強く打ち出したモデル。出力、トルクともにアップされ、ミッションも新設計のローギアードタイプを採用し、サスペンション、ブレーキも、大幅に強化された。

つまりサーキット走行を意識したモデルといえる。

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
石川 真禧照
筆者石川 真禧照

1947年東京都生まれ。1970年日刊自動車新聞社入社。翌年同社退社後、フリーの自動車評論家となる。1982年「I.W.OFFICE」を設立し、自動車を中心としたメディア活動を開始。「自動車生活探検家」として、『GORO』『DIME』(小学館)、『HOT DOG PRESS』(講談社)、『カーセンサー』(リクルート)など多数のメディアで活躍、現在に至る。日本モータースポーツ記者会会員。日本自動車ジャーナリスト協会副会長。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アストンマーティン V8の最新自動車ニュース/記事

アストンマーティンのカタログ情報 アストンマーティン V8のカタログ情報 アストンマーティンの中古車検索 アストンマーティン V8の中古車検索 アストンマーティンの記事一覧 アストンマーティン V8の記事一覧 アストンマーティンのニュース一覧 アストンマーティン V8のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる