autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ AT車の駐車時にサイドブレーキは必要なの?

自動車用語 2012/4/11 13:08

AT車の駐車時にサイドブレーキは必要なの?

AT車の駐車時にサイドブレーキは必要なの?
マツダ CX-5のパーキングブレーキ

こんにちは、AT車のサイドブレーキについてお聞きします。

私の家族は皆、AT車に乗っているのですが、駐車場ではサイドブレーキを引きません。車好きな親父が、「PはNに軽くブレーキをかけただけ」と言うからです。

祖母が初めてAT車を買ったときも、親父は駐車時のサイドブレーキは不要と教えました。おそらく、祖母はAT車のサイドブレーキの存在自体も知らないかもしれません。

家族の中で唯一、私だけがサイドブレーキを使います。教習所で、AT車でもサイドブレーキは必要だと教えられたからです。結局のところ、どちらが正しいのでしょうか?よろしくお願いします。(er34)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

ご家族はサイドブレーキを使わず、Pレンジだけでクルマを止めてらっしゃるんですね。父上の「PかNに軽くブレーキをかけただけ」というコメントのPはパーキングブレーキのPでしょうか?そうでないと意味が通らないので、たぶんそうだと思います。

つまり父上は、サイドブレーキ(パーキングブレーキ)は軽くブレーキをかけただけの状態で、大きな固定力はないから、ガッチリ固定する力のあるPレンジに入れるだけで十分だ、とおっしゃっているのだと思います。

が、これでは、止める場所によっては若干不安が生じます。

なぜなら、Pレンジの固定力もまた、それほど大したものではないからです。Pレンジに入れると、オートマチック・トランスミッション内部の歯車に、爪状の形をした棒がひっかかります。これをパーキングロックポールと言います。

パーキングロックポールは金属製なので、それなりに丈夫です。ただ、ひっかける歯車の直径は、それほど大きなものではありません。小さな歯車に金属の爪をひっかけて止めているだけ、と思ってください。つまり、強い力がかかると、爪が折れたり、はずれたりする可能性があるのです。

駐車中に衝突などを食らえば、ほぼ確実に爪は折れてしまいます。爪は、折れたら最後、固定力はゼロになり、クルマを止める力もまたゼロになって、押せば自由に動くような状態になってしまいます。

一方、サイドブレーキは、それほど大きな力でクルマを固定しているわけではありませんが、たとえブレーキが多少滑ってクルマが少し動いてしまっても、摩擦力は発揮し続けているので、ずっとブレーキを引きずった状態は続き、固定力がゼロになることはありません。

その分、安全なのです。つまり、AT車を駐車するときは、教習所で教えている通り、両方をかけるのがセオリーです。

MJブロンディの「ひとりごと」

ところで、走行中にATセレクトレバーをPレンジに入れるとどうなるのでしょう。パーキングロックポールは、固定用の歯車が高速で回っていると、はじかれてしまって、溝に爪を入れることができません。

つまり、歯車と爪がガリガリガリ~と摩擦しあう状態が続き、溝には入らず、クルマ停止させるどころか、減速すらできないのです。

また、現在のAT車は、走行中にRに入れてもPに入れても、ミッションがブチ壊れないよう、たいてい安全装置がついています。Pレンジに入れて爪が歯車にかみ合うのは、時速5キロ程度の超低速からです。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】から投稿頂くことができます。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!