autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ 試乗レポート/今井優杏

試乗レポート 2013/10/8 13:00

フォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ 試乗レポート/今井優杏(1/3)

フォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ 試乗レポート/今井優杏

見る者をひきつけてやまないザ・ビートル

フォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ クールスターパッケージ[ボディカラー:ピュアホワイト]フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ

すこし前のハナシになるが、今年のゴールデンウイークはフォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレと過ごした。

東名高速道路の永久に繋がり続ける渋滞をドライブして14時間をかけて実家の奈良に帰ってみたり、都内での打ち合わせに行ってみたり、近所のクリーニング屋に乗り付けてみたり、そりゃあもう色んなシチュエーションで乗り倒したのであるが、改めてザ・ビートルのスタイリングのもたらす高揚感に感激したのであった。

だいいち、とにかくどこに行っても話しかけられる。

「めちゃくちゃ可愛いクルマですね!」 「似合いますね!」 「これ、なんていうクルマなんですか?」

街の空気感を塗り替える力を持ったステキなスタイリング

フォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ 試乗レポート/今井優杏 8フォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ クールスターパッケージ インテリア[Turbo専用インテリア] ブラックインパネ

そう、その質問からも窺い知ることが出来ると思うのだが、別段クルマに詳しくない人の目にも、フォルクスワーゲン ザ・ビートルは新鮮に映るようなのだった。

事実、乗っている本人でさえもなぜか、高速道路の合流からにゅるっと本線に滑り込むときなどに、一閃の稲妻のようにザ・ビートルがグレーの日常に切り込んでいくかのような不思議な錯覚を感じていた。

それはなるべくボディの四隅に張り出すようにタイヤを配したことによる独特のハンドリングフィールに因るところも大きいが、なんといっても街におけるデザインの妙でもあると思う。2012年のフルモデルチェンジの際に、すこしポルシェを思わせるような薄いボディに生まれ変わってから、すこぶる可愛らしいと感じていたのだ。

しかし同時に、私にはちょっとだけ可愛らしすぎるなぁ、とも。

[次ページへ続く]

フォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ クールスターパッケージ 荷室(後席前倒時)フォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ クールスターパッケージ インテリア[Turbo専用インテリア]・リアシートフォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ クールスターパッケージ インテリア[Turbo専用インテリア]・フロントシートフォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ クールスターパッケージ[Turbo専用インテリア]フォルクスワーゲン ザ・ビートル ターボ クールスターパッケージ 6速DSG

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 関連ページ

フォルクスワーゲン ザ・ビートル・カブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連記事

フォルクスワーゲン ザ・ビートルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円