autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 まるで“ファーストクラス”!豪華シートを備えた新型ヴェルファイア・アルファードが発売/渡辺陽一郎 2ページ目

新型車解説 2015/1/26 15:16

まるで“ファーストクラス”!豪華シートを備えた新型ヴェルファイア・アルファードが発売/渡辺陽一郎(2/4)

まるで“ファーストクラス”!豪華シートを備えた新型ヴェルファイア・アルファードが発売/渡辺陽一郎

2.5リッターエンジンの2WDを検討される際にはご注意を!

新型ヴェルファイア&新型アルファードを選ぶ際に注意したいのが“アイドリングストップの設定”だ。

ノーマルタイプの直列4気筒2.5リッターのうち、2WDについてはアイドリングストップがメーカーオプションとなっているのだ(4WDには標準装着)。さらに、V型6気筒の3.5リッターにはアイドリングストップ装着車自体が用意されていない。(※ハイブリッドにはもちろん備わっている)

2.5リッターのノーマルエンジンでは、2WDもオプションではなく標準装着にすべきだ。低価格車はアイドリングストップのコストが損得勘定に大きく影響するからオプションとなるのも理解できるが、300万円を超えるヴェルファイア&アルファードでは、コスト比率は小さくなる。

また、V型6気筒3.5リッターにアイドリングストップを装着できない理由としてトヨタは「頻繁な再始動に対応するには、V6エンジンとセルモーターに大幅な設計変更を施す必要がある」と回答しているが、3.5リッターとなればアイドリング時の燃料浪費も多く、これについても早急に対応すべきであろう。

リアサスは「トーションビーム」から「ダブルウィッシュボーン」へ

トヨタ 新型「アルファード/ヴェルファイア」

走りに関する機能では、リアサスペンションが変更を受けた。先代はトーションビームによる車軸式だったが、新型はダブルウイッシュボーンの独立式だ。フロント側はストラットで変更を受けていない。

ボディの傾き方を制御するスタビライザーは、リアサスペンションがトーションビームからダブルウイッシュボーンになったことで、リア側にも装着している。ダブルウイッシュボーンは、トーションビームと違ってスタビライザーの効果が乏しいためだ。

ボディは標準タイプとエアロパーツを装着した2タイプを用意。

新型の全長は、標準ボディについては新型ヴェルファイアが4,930mm、新型アルファードが4,915mm。エアロボディは両車ともに4,935mmだ。先代型に比べると40~60mm伸びた。全幅は全車共通で1,850mm。これも先代型に比べて10~20mm拡大されている。

全高はグレードによって異なり、1,880~1,950mmに達する。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は3,000mmで、先代型に比べると50mm拡大された。

以上のように、ボディの大きさは基本的に先代と同等だが、細かく比較すれば若干拡大されている。

トヨタ 新型ヴェルファイア HYBRID ZRトヨタ 新型ヴェルファイア HYBRID ZRトヨタ 新型ヴェルファイア HYBRID ZRトヨタ 新型ヴェルファイア HYBRID ZRトヨタ 新型ヴェルファイア HYBRID ZR
トヨタ 新型アルファード ガソリンモデルトヨタ 新型アルファード ガソリンモデルトヨタ 新型アルファード ガソリンモデルトヨタ 新型アルファード ガソリンモデルトヨタ 新型アルファード ガソリンモデル

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

トヨタ アルファード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴェルファイア の関連記事

トヨタ ヴェルファイアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴェルファイア の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴェルファイア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25