autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 実は遅れていない、トヨタの自動運転分野の技術力 2ページ目

自動車評論家コラム 2015/8/26 12:50

実は遅れていない、トヨタの自動運転分野の技術力(2/2)

関連: トヨタ Text: 西村 直人 Photo: トヨタ自動車
実は遅れていない、トヨタの自動運転分野の技術力
Toyota Safety Sense

1990年代初頭から基礎研究が始まったトヨタの自律自動運転技術は、交通事故ゼロ/活力ある高齢社会/環境負荷低減の3点に開発目標が絞られた。

欧州の自動車メーカーと大きく違うのは、いつでも、どんなときでも機械がフルタイムで運転操作を行なう自律自動運転を(技術的に実現可能であっても)目指さないと明言したことだ。

「人とクルマの協調」という考え方を礎に、状況に応じた最適な運転支援を行なうことこそが、トヨタの目指す自律自動運転であるとした。

この考え方を前提に「Toyota Safety Sense」を俯瞰してみると、例えば衝突被害軽減ブレーキの最終段階で機能する自動ブレーキだけで良し悪しを判断するのではなく、その前段階の警報ブザーによっていち早くドライバーにブレーキを踏ませ、危険な状態に近づけないという設計思想がより大切であるとするトヨタのスタンスが明確になる。

右折時注意喚起(路車間通信を活用)通信利用型レーダークルーズコントロール(車車間通信を活用)

現在、トヨタが研究開発を行なっている世界トップランクの自律自動運転技術は、「Toyota Safety Sense」の2種類のセンサーから昇華させた、3種類のセンサーによるセンサーフュージョン方式が用いられている。

①奥行きを正確に検知する「SPAD LIDAR」

②位置と速度を瞬時に計測する「Phased array radar」

③輪郭までも鮮明に映し出す「8Kカメラ」センサー

が全容だ。

トヨタではこうした技術を活用し、日本/北米/欧州における三極研究開発体制のもと、一般道路向けと、自動車専用道路を含む高速道路向けの2タイプの車両で走行テストを繰り返しながら、ITSを活用した車々間通信/路車間通信技術を併用することで早期の実現を目指している。

筆者プロフィール: 西村直人

交通コメンテーター:西村直人氏

1972年東京都生まれ。クルマとバイク、ふたつの社会の架け橋となることを目指す。得意分野はパーソナルモビリティだが、WRカーやF1、MotoGPマシンの試乗もこなす。近年では大型のトラック&バス、トレーラーの公道試乗も行うほか、HVのバス&電車など、物流や環境に関する取材も多数担当。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

筆者: 西村 直人
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21