autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム スバル インプレッサ デザイナーインタビュー/富士重工業デザイン部シニアデザイナー 中村真一 3ページ目

デザイナーズルーム 2011/11/30 11:00

スバル インプレッサ デザイナーインタビュー/富士重工業デザイン部シニアデザイナー 中村真一(3/4)

関連: スバル インプレッサ Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
スバル インプレッサ デザイナーインタビュー/富士重工業デザイン部シニアデザイナー 中村真一

水平・垂直の軸をしっかりすれば質感は出せる

Designers Room スバル インプレッサ 中村真一

AO:現行レガシィと共通しているスバルらしさとは?

N:水平対向のガソリンエンジンを積んでいるがゆえの迫力や力感が、スバルの財産だと思っています。だからスマートさを目指すと言っても、グリルをふさいだりはしません。グリルをガッと開けて、ライトを見開いて、しっかり主張するのがスバルのデザインではないかと。俳優で言えば超二枚目ではなく、ひと癖あるような野武士タイプですが、そのほうが長く愛せるクルマになるんじゃないかと考えています。

Designers Room スバル インプレッサ 中村真一Designers Room スバル インプレッサ 中村真一

AO:インテリアはどうですか。旧型はデザインもクオリティも賛否両論でしたが。

N:旧型レガシィのインテリアの経験が重要だったと思っています。最初はCセグメントらしい、若々しくてカジュアルなインテリアを作ろうと考えていました。でもリーマンショックがあったりして、周囲の動きが激しくなったときに、「お客さんはこういう価値を望んでいるのだろうか」と思うようになり、質感こそ重要という結論になりました。

いろいろ検証した結果、水平・垂直の軸をしっかりすれば質感が出せることが分かったので、そのセオリーに乗ったデザインを心掛けたのです。新型ではダウンサイジング層をはじめ、幅広いお客さんに受け入れられることが使命だったので、万人受けするためにも癖がなくクオリティが高いデザインがいいという方向になりました。

AO:旧型はかなり凝ったインテリアデザインでしたが。

N:旧型はエクステリアと同じように、小さな写真でも言いたいことが伝わるデザインを心掛けました。でも内装の場合、実物大にするとメッセージが強すぎてしまうのです。だから今回は、1枚の写真で言い切ることは避けました。ただ小さな写真でもしっとりした質感が伝わり、ソフトな素材を使っていることが分かるような造形にこだわりました。

それと旧型はシルバーの使い方で賛否両論あったので、新型ではシルバーにはあまり期待せず、黒の中で階調を多く出すことで質感の高さを表現していきました。シボの断面もいろいろ研究することで、質感の高い形状としています。

エアコンスイッチのダイヤルは化粧品のケースがヒント

Designers Room スバル インプレッサ 中村真一Designers Room スバル インプレッサ 中村真一

AO:インテリアにおけるスバルらしさ、インプレッサらしさはどこにあるのでしょうか。

N:スバルらしさは、長距離運転で疲れない仕立てにあると思っています。だから表面の遊びを排除して、シンプルな面で作ることを前提としました。レイアウトは視線移動が少ない機能的な配置にしています。

インプレッサらしさとしては、丸を多用するとスポーティになる傾向があるので、エアコンのスイッチにダイヤルを使ったりしました。ただし質感はDセグメントクラスになっています。

例えばエアコンのダイヤルの指が触れる部分には、カメラのピントを合わせるグリップに似た仕上げとして、シルバーのリングは化粧品のケースをヒントにして細かい刻みを入れ、光点が多くなるようにしました。

Designers Room スバル インプレッサ 中村真一Designers Room スバル インプレッサ 中村真一

AO:新型ではマルチファンクションディスプレイが新たに装備されましたが、その処理についてはどうですか。

N:ディスプレイを入れる場所は間違いなく、視線移動の少ないセンターの一番上です。中のグラフィックも外注に出したりせず、すべて内部で作っています。最初はスマートフォンやタブレットデバイスのグラフィックをヒントにしたんですが、クルマに搭載すると距離感がまったく違うので、そのまま持ってくると線が細すぎて瞬読性が劣り、見づらくなるんです。その中で遊び心も入れていて、たとえばエコゲージは航空機の方位計をイメージしています。

AO:シートやドアトリムについてはどうでしょうか。

N:ドアトリムは使いやすさを徹底しつつ、ヒジやヒザまわりの空間を確保し、ソフト感が伝わる造形としましたが、基本的にはスタンダードなデザインです。シートはドアを開けたときに、相応のボリュームで見えてくるパーツなので、表皮材にはこだわりました。ここでも黒の中での階層を多くして質感を高めるために、細かい立体表現を施しています。

あとは釣り込みと呼ばれている部分ですが、これについてはいろいろなクルマのシートを測定し、質感を出すための数字を具体的に出して、そのセオリーに沿って作ることで、陰影がしっかり出るようにしています。

スバル インプレッサ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサ の関連記事

スバル インプレッサの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28