autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ルノー 新型 メガーヌ R.S.(ルノースポール)[2014年モデル] 試乗レポート/森口将之

試乗レポート 2014/8/14 10:21

ルノー 新型 メガーヌ R.S.(ルノースポール)[2014年モデル] 試乗レポート/森口将之(1/3)

ルノー 新型 メガーヌ R.S.(ルノースポール)[2014年モデル] 試乗レポート/森口将之

パリコレの斬新さに通じる、ルノー独特のスタイル変化

ルノー 新型 メガーヌ R.S.(ルノースポール)[2014年マイナーチェンジモデル/ボディカラー:ジョン シリウスM(特別色)]

ヨーロッパ車は顔を変えないと言われる。でもそれはドイツやイギリス、スウェーデンなど北側の国のブランドに当てはまること。フランスのルノーは逆に、ファミリーフェイスをしばしばチェンジしてきた。現行カングーや先代ルーテシアなど、多くの車種がモデルライフの途中でガラッと顔を変えてきた。

パリコレなどのファッションショーでは、同じブランドでも毎回のように新しいテーマを打ち出して、新しさを競うことが多い。それと似たような考えを、ルノーは抱いていたのかもしれない。個人的にはそれも理解できるが、日本車やアメリカ車さえ顔の統一化に乗り出しつつある今、その論理は通用しにくくなっているかもしれない。

ルノーの新デザイン言語「サイクル・オブ・ライフ」にのっとったニューフェイス

ルノー 新型「メガーヌ ハッチバック GT220」ルノー新型「メガーヌエステート GT220」

フランス人の前任者に代わり、ルノーのチーフデザイナーになったオランダ人ローレンス・ヴァン・デン・アッカーは、就任前からその点が気になっていたのだろう。現行ルーテシアをはじめとする6台の新型車で、人とクルマの生涯にわたるつながりを描いていくという「サイクル・オブ・ライフ」をテーマに掲げた。従来よりロングライフのデザインを想定していることは明白だ。

それに合わせて新しい顔も用意した。日本に導入された車種ではルーテシアとキャプチャーが、このファミリーフェイスをまとってデビューしているが、カングーをはじめ既存の車種も次々にこの顔に揃えてきている。メガーヌもその流れに乗って、新しいファミリーフェイスをまとって日本に上陸した。

ニューフェイスで登場したのは、ここで紹介するクーペR.S.のほか、ハッチバックとツーリングワゴンのGT220の3車種。すべて2リッター直列4気筒ターボエンジンに6速MTを組み合わせるという、ルノー・ジャポンらしいラインナップだ。

[次ページへ続く]

ルノー メガーヌ 関連ページ

ルノー メガーヌエステート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー メガーヌ の関連記事

ルノー メガーヌの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー メガーヌ の関連記事をもっと見る

ルノー メガーヌ の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20