autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型 セレナ[2013年12月末マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2014/2/25 11:12

日産 新型 セレナ[2013年12月末マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎(3/3)

関連: 日産 セレナ , スズキ ランディ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志
日産 新型 セレナ[2013年12月末マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎

重心の高さは意識させられるがバランスの良い走りをみせる

日産 新型 セレナ[2013年12月末マイナーチェンジモデル]セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF] 試乗レポート/渡辺陽一郎 試乗・走行イメージ4日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]

運転感覚はどうだろう。セレナに搭載される直列4気筒2000cc 直噴ガソリンエンジンの動力性能だが、マイナーチェンジ以前と同じく、背の高いミニバンの平均水準に位置する。日産 セレナは前述のようにシートアレンジが多彩。シートのスライドレールなどの装備増加によって車両重量は1650kgと重いが、最大トルクが21.4kg-m(4400回転)と余裕があって力不足は感じにくい。

高速道路の登坂路などではアクセルペダルを踏み足す機会が増し、速度の上昇よりも先にエンジン回転数が高まるCVT(無段変速AT)の特性を感じるが、違和感を抱く心配はないだろう。ミニバンとしては満足できる動力性能を得ている。エンジンノイズは特に小さくないが、快適性を損なうほどではない。

日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF]

操舵感は少し鈍めの印象だ。「ホンダ ステップワゴン」やフルモデルチェンジされた「トヨタ ヴォクシー/ノア」に比べると床の位置が60~80mm高く、重心の高さを意識させる。乗降時にもサイドステップ(小さな階段)を使うので、子供やお年寄りのいる世帯では、乗り降りのしやすさを確認しておきたい。

速度を高めて曲がると旋回軌跡も拡大させやすいが、後輪の接地性に不満はない。高重心の特性を考慮した上で、走行安定性のバランスを取っている。

渡辺陽一郎氏がオススメする!新型セレナのベストチョイスとは!?

日産 新型 セレナ[2013年12月末マイナーチェンジモデル]セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF] 試乗レポート/渡辺陽一郎 試乗・走行イメージ3日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]

乗り心地は少し硬めだが、マイナーチェンジ前に比べると、足まわりがスッキリと柔軟に動いている印象を受けた。装着されていたタイヤは16インチ(195/60R16)のブリヂストン エコピアEP150。燃費性能を重視して転がり抵抗を抑えたタイプだが、乗り心地にさほど不満はない。それでも市街地を中心に使う場合は、ユーザーによっては気になることもあるだろう。

売れ筋のハイウェイスターにスライドドアの電動機能を装着すると(非装着で買うユーザーは少ない)、セットオプションか標準装着によってタイヤは16インチになる。だから15インチの標準ボディと乗り比べたい。日産の店舗数は比較的多めだから、近隣の数店舗で試乗車のグレードなどを問い合わせてみると良いだろう。

車両価格は、ハイウェイスター Sハイブリッドにアドバンスドセーフティパッケージを装着すると265万4400円だ。標準ボディの20X Sハイブリッドであれば、アドバンスドセーフティパッケージを加えても247万650円に収まる。エアロパーツ/アルミホイール/フォグランプなどは備わらないが、車両価格は18万3750円安い。最小回転半径も16インチタイヤを装着するハイウェイスターが5.7m、15インチの標準ボディは5.5mだから、小回り性能でも差が付く。注目度が高いのは見栄えの良いハイウェイスターだが、標準ボディを選ぶメリットも十分にある。

「ヴォクシー/ノア」「ステップワゴン」・・・激戦のライバルたちとセレナを徹底比較!

日産 新型 セレナ[2013年12月末マイナーチェンジモデル]セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF] 試乗レポート/渡辺陽一郎

ライバル車のヴォクシー&ノアは、セレナとステップワゴンを視野に入れて低床化を図り、走行安定性と乗降性を大幅に向上させた。先代型では少々窮屈だった3列目の居住性も、セレナと互角の水準まで高めている。

それでも衝突回避の支援機能は、今のところヴォクシー&ノアには設定がなく、ステップワゴンは車両価格が347万2000円のスパーダZiでないと装着できない。安全性を重視するユーザーにとって、マイナーチェンジを受けたセレナは魅力的な選択肢だろう。また、多彩なシートアレンジ、ミニバンらしい背の高さを強調した外観デザインも、ユーザーの満足度を高めている。

日産 セレナには、家族思いのお父さんがお母さんの意見も取り入れ「家族のために選ぶクルマ」、という一貫した世界観が歴代モデルで続いている。優れたミニバンの機能もさることながら、この世界観も高い支持を得ている理由だろう。子供の成長を願う親の気持ちと、根底では繋がっているように思う。

[レポート:渡辺陽一郎/Photo:和田清志]

◎日産 新型 セレナ 関連記事はコチラも併せてチェック!

トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア vs 日産 セレナ どっちが買い!?徹底比較[2014年2月4日]

日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]

日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF] 主要諸元

日産 新型 セレナ ハイウェイスター G S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ[FF/ボディカラー:タイガーアイブラウンパールメタリック(特別色・新色)]

全長x全幅x全高:4770x1735x1865mm/ホイールベース:2860mm/車両重量:1680kg/乗車定員:8名/駆動方式:前輪駆動(FF)/エンジン種類:直4 DOHC 直噴ガソリンエンジン/総排気量:1997cc/エンジン最高出力:147ps(108kW)/5600rpm/エンジン最大トルク:21.4kg-m(210N・m)/4400rpm/モーター種類:交流同期電動機/モーター最高出力:2.4ps(1.8kW)/モーター最大トルク:5.5kg-m(53.6N・m)/モーター動力用主電池:鉛酸電池/トランスミッション:エクストロニックCVT(自動無段変速機)/燃料消費率:15.4km/L[JC08モード]/タイヤサイズ:195/60R16 89H/車両本体価格:2,927,400円[消費税5%込み]

日産 セレナ 関連ページ

スズキ ランディ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23