autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 いよいよ発売開始の日産 新型セレナ !話題の自動運転技術「プロパイロット」から売れ筋グレードまで徹底解説! 3ページ目

新型車解説 2016/8/24 10:16

いよいよ発売開始の日産 新型セレナ !話題の自動運転技術「プロパイロット」から売れ筋グレードまで徹底解説!(3/4)

関連: 日産 セレナ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
いよいよ発売開始の日産 新型セレナ !話題の自動運転技術「プロパイロット」から売れ筋グレードまで徹底解説!

リアゲートにはハーフバックドアを、スライドドアにはハンズフリーを装着

日産 新型セレナ ハイウェイスター日産 新型セレナ ハイウェイスター

荷室に備わるバックドアはデュアルタイプとした。ハーフバックドアが内蔵されて、リアゲートの上半分だけを開閉できるから、狭い場所でも使いやすい。開閉時の後方への張り出しは480mmに抑えた。このデュアルバックドアは全車に標準装着される。

ボディ側面のスライドドアも工夫した。2/3列目シートの間に位置するピラーを50mm後方に移して、スライドドアの開口幅を十分に確保している。

またハンズフリーオートスライドドアも、ハイウェイスターにメーカーオプション、ハイウェイスターGには標準装着した。インテリジェントキーを携帯してスライドドアの下で足を出し入れすると、手を使わなくても電動スライドドアの開閉が行える。子供を抱えていたり、両手で荷物を持っている時の乗り降りがしやすい。

注意したいのは、足を検知するセンサーがボディではなくスライドドアの下側に付いているので、閉まっている時は車両の中央付近、開いている時は少し後ろ寄りで足を出し入れする必要があることだ。若干の慣れを要する。

燃費数値は約8%向上

日産 新型セレナ ハイウェイスター

エンジンは直列4気筒の2リッター。2WDの場合、標準ボディのXとG、ハイウェイスターと同Gには、マイルドハイブリッド機能とアイドリングストップが装着される。標準ボディのBとSは非装着だ。4WDではこの機能がBを含めた全グレードに備わる。

エンジン性能は最高出力が150馬力(6000回転)、最大トルクは20.4kg-m(4400回転)。先代型に比べると、3馬力増えて1kg-mの減少となった。

マイルドハイブリッドに使われるモーターは、発電/アイドリングストップ後の再始動/エンジン駆動の支援を行い、最高出力は2.6馬力だから先代型よりも0.2馬力増えた。

マイルドハイブリッドを搭載する2WDのJC08モード燃費は、標準ボディのXとハイウェイスターが17.2km/L、GとハイウェイスターGが16.6km/Lだ。先代型は15.4~16km/Lだったので、燃費数値が約8%向上した。圧縮比は先代型が11.2、新型は12.5で効率を高めている。

プラットフォームは前述のように先代型と共通。サスペンションも前輪側がストラット、後輪側がトーションビームを踏襲した。

それでも前後のサスペンションの取り付け剛性を高め、ボディの捩れが生じやすいバックドアの開口部も補強した。ショックアブソーバーのサイズアップや高性能バルブの採用で、走行安定性と乗り心地を向上させている。ステアリングのギヤ比はクイック化され、車両の向きを少し変えやすくした。

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24