autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 決戦の場はアスファルトから碁盤へ!車なごたちが碁盤上を走る「車な碁」販売開始

自動車ニュース 2016/4/1 09:12

決戦の場はアスファルトから碁盤へ!車なごたちが碁盤上を走る「車な碁」販売開始

自動車業界と「碁」が初のコラボ!?

開発中のプロダクトイメージ
ロゴイメージ

オートックワンでは、既にリリースしているスマートフォン用ゲームアプリ「車なごコレクション」のキャラクターを起用した戦略型ボードゲーム「車な碁」を販売する。価格は4,875円を予定している。

これは国内外16の自動車メーカーの承認のもと、実在する170あまりの車種を擬人化した美少女キャラクター「車なご」(「車」+「おなご」の造語)たちが、白と黒のチームに分かれて、碁盤上でそれぞれの陣地を奪い合うというもの。

もともとシンプルなルールと、相手の次の手を読む高い戦略性で人気のゲームだが、このように自動車業界と本格的にコラボするのは初となる。なお碁盤上では、原則として一度置いた碁石は基本的に移動しない。そのため実車のスペック等は反映されるまでもなく、あくまでも見た目のみの演出となる。

碁から見えてくる自動車産業の未来

碁といえば近年、囲碁AI(人工知能)がプロ棋士に勝利したニュースが記憶に新しい。 これは近年何かと話題の自動運転とも密接に結びついているテーマで、これまで人間が長い時間をかけて身につけてきた技術が、学習能力の上昇したAIによりいとも簡単に模倣される、もしくはさらに優れた成果を出されてしまうという事態が現実に起こっている。

自動車の運転に関しても、まだまだ法整備や事故時の対応といった検討事項が山積しているが、一説によると一部の自動車メーカーは、自律制御ないしはそれに近い運転が可能なAIを既に開発しているという噂もある。また、ある自動車メーカーは既に、プロドライバーに匹敵するスピードと正確性でサーキットを周回する操縦技術を持ったAIを開発しているらしい。

しかし、その完成度に関しては未だ明かされておらず、その実力はどの程度なのか未知数な部分もある。プロドライバーとAI、どちらが優れたドライバーたるか、早く白黒付けたいところだ。

車なごコレクション

※これは4月1日・エイプリルフールのジョークニュースである。

車なごコレクション公式サイトはこちら

▼車なごコレクションのダウンロードは以下からどうぞ!

AppStore  /Google play  /楽天アプリ市場

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!