autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 価格を決めているのはあなた?軽油価格のナゾ

自動車評論家コラム 2015/3/24 12:26

価格を決めているのはあなた?軽油価格のナゾ

関連: マツダ Text: 国沢 光宏
価格を決めているのはあなた?軽油価格のナゾ

あなたはどこで給油していますか?

東京都世田谷にあるガソリンスタンド

多くの人が次に乗るクルマのパワーユニットとしてディーゼルエンジンを候補の一つにしてるんじゃなかろうか。

実際、排気ガスさえクリーンなら、ハイブリッドより乗っていて楽しい。加えて同じ車格のハイブリッド車と比べても、燃料コストはイーブン。だからこそマツダ車が人気あるんだと思う。

さて。御存知の通りディーゼルエンジンは燃料として軽油を使う。その軽油、困ったことに価格が全く違うのである。

ガソリンの場合、セルフのスタンドであれば同じ地域ならバラ付いても5円程度。というか、クルマで数分の距離で5円違ったら誰も入れないだろう。なのに軽油は違う。

写真を見て頂きたい。最初の2枚はクルマで数分の距離にあるスタンドの価格表だ(東京都世田谷)。ライバル店の価格調査をしているのだろう。レギュラーとハイオクを見ると全く同じ。なのに軽油だけ2円違う。極端な話、同じ地域であっても、隣同士であっても、軽油の価格は違うのだ。

神奈川県大磯にあるガソリンスタンド

少し距離が離れると、さらに違う。

3枚目の写真は同じ日の神奈川県大磯のスタンドである(3月23日)。レギュラーの価格を見ると8円差。このくらいの価格差なら納得できる。しかし軽油の価格をみて頂きたい。世田谷より37円も高い134円だって!

50リッター入れたら1850円差!

満タン一回で2千円近く高いのだ。レギュラーと軽油の価格差が5円しかないのだから驚く。果たして妥当なのはどちらか?

なぜこんなにバラつきがあるの!?

SKYACTIV-D(スカイアクティブ ディー)は、マツダが開発、および製造するディーゼルエンジンの名称クリーンディーゼルを燃料に使用するマツダ デミオ

レギュラーと軽油の「税金抜きの価格」を調べてみた。直近でおおよそ56円(スタンドまでの配送料など除く)。軽油が53円くらいになっている。

これにガソリンは53,8円の諸税。軽油だと32,1円の引取税を上乗せされるため、それぞれ109,8円と85,1円という具合。価格差24,7円が卸値の差である。これに配送料の差やスタンドの利益、消費税などが乗るため、25~30円程度の差になると思っていいだろう。

なぜレギュラーと軽油価格の差が25円以内のスタンドもあるのか?

いろいろ調べてみたのだけれど、明確かつ納得できる答え無し。強いて言えば「高くても買う人がいるから」。確かに皆さん安いスタンドで入れれば、高いスタンドは利用しない。消費者が価格を決めていると言うことだと思う。

クリーンディーゼルを燃料に私用するマツダ CX-5クリーンディーゼルを燃料に使用するマツダ アテンザクリーンディーゼルを燃料に使用するマツダ アテンザワゴンクリーンディーゼルを燃料に使用するマツダ アクセラスポーツクリーンディーゼルを燃料に使用するマツダ CX-3
筆者: 国沢 光宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25