autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 “何事もなせば成る!” 2015年10月21日、リサイクル資源でデロリアンが走る!『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の未来がやってきた!!

新型車リリース速報 2015/10/21 22:51

“何事もなせば成る!” 2015年10月21日、リサイクル資源でデロリアンが走る!『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の未来がやってきた!!

Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部
“何事もなせば成る!” 2015年10月21日、リサイクル資源でデロリアンが走る!『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の未来がやってきた!!
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」

これは、今から30年前の1985年に公開された大人気SF映画『BACK TO THE FUTURE(バック・トゥ・ザ・フューチャー)』での主人公マーティと親友ドクとのワンシーン。

その後、Part2で戻って行ったのが2015年10月21日の16時29分。そう“今日”なのである!

今回、NBCユニバーサル・エンターテイメントからは、全3部+ボーナスディスクを加えた4枚組ブルーレイ・DVDボックス『バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30th アニバーサリー デラックスエディション』が発売された。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」

これにちなみ、東京・港区 アクアシティお台場にて、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年を記念したイベントが開催された。会場には報道陣の他、多数のバック・トゥ・ザ・フューチャーファンが集まり、会場は大いに賑わいを見せた。

イベントでは、劇中登場するタイムマシン「デロリアン」が出現!!それも、Part2で登場するゴミを使用して動くデロリアンを再現したもので、衣料品などのコットンからエネルギー資源であるバイオエタノールを生産するリサイクル技術をもつ日本環境設計株式会社の主導の下、実現した。

日本環境設計株式会社では、「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」として、日本国内で廃棄される年間およそ170万トンもの繊維製品これらに含まれる綿繊維をバイオエタノール資源へとリサイクルし活用するため、様々な企業同士と連携。実際にバイオエタノールでデロリアンを走らせるプロジェクトをスタートさせた。

さらに、今年5月には、同社の岩元美智 社長が本国NBCユニバーサル社に、映画と同じシーンを再現したいと直談判したことにより、本国NBCユニバーサル社も公認するイベントに!

プロジェクトでは、日本全国をキャラバンし、回収キャンペーンをアピールしていく。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」

今回開催されたイベントには、スペシャルゲストとして、Part1が公開された1985年からプロ野球選手であり、多くの活躍・功績を残し、先日たくさんの人々に惜しまれながらも今期限りで現役引退した球界のレジェンド 中日ドラゴンズの山本昌投手と、大親友で同じく元プロ野球選手で野球解説者の山﨑武司さんがゲストとして登場。また、映画評論家で大の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ファンでもある有村昆さんがMCを務めた。

時間まで、今か今かと多くの人々が待ち構える中、会場に特別設置されたスクリーンには、ドク役を務めたクリストファー・ロイドから集まったファンに向けたビデオレターが!これにより会場は益々ヒートアップ。

その後、いよいよ時間まで1分前と迫ったところでカウントダウンスタート。車通でもある特別ゲストの2人もそれぞれシートに納まり、時間を待つ。

そしてついに、2015年10月21日の16時29分その時が!2人を乗せたデロリアンは、報道陣・ファンを含む多くの人々の前で、映画と変わらぬ走行シーンを見せてくれた!!

山本昌投手はイベントで、「(デロリアンの)乗り心地は広くてよかった。あの時代にこんな車をよく作ったなあと思いました。スーパーカーより居住性が高いですね」とコメント。さらに、30年前に戻れるとしたら当時の自分に何を伝えたいかと問われると「ちょっと頑張れば、やれるから頑張れと。そしてこういうボールを覚えなさいとか、こうやって投げなさいって指導しますね。ちゃんとやれよ、お前って。」と、野球への冷めない情熱を語ってくれた。

また、山﨑武司さんも「意外と乗りやすい印象でした。ですが、まさに“映画に出ている車”を運転したんですよ!こんな夢のような話ないですよ。感激しました。」と、興奮冷めやらぬ様子。

日本環境設計株式会社 岩元美智 社長はイベントで、「21歳だった1985年にバック・トゥ・ザ・フューチャーを初めて見たとき、ゴミで動くデロリアンを見て、勝手に30年後はゴミが資源になっているのかと思い込んでいました。それでも10年、20年経っても、ゴミで動く車が具現化されず“よし自分で会社つくっちゃえ”と、デロリアンを動かすために日本環境設計を立ち上げました。今日この瞬間のために30年かけました。そして、技術ができても燃料が集まらないと意味が無いので、皆さんリサイクルしましょう、皆でデロリアンを動かしましょうと問いかけました。その結果、どんどん集まっていき、私達の夢が皆さんと共有できました。これにより、リサイクルが促進できたのではないかと、今日は大変嬉しく思っております。」と、構想から実現までの熱い思いを述べた。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」『バック・トゥ・ザ・フューチャー』誕生30周年 「FUKU-FUKU×BTTF GO! デロリアン走行プロジェクト」
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!