autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート Jeep レネゲード 海外試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2015/5/12 18:26

Jeep レネゲード 海外試乗レポート/九島辰也(2/3)

関連: ジープ Text: 九島 辰也 Photo: FCAジャパン
Jeep レネゲード 海外試乗レポート/九島辰也

イタリアンテイストを感じるがデザインは“アメリカ”

このクルマのベースはフィアット500X。フレームやパワートレーンはおおよそ一緒だ。

500Xはもとをたどれば、フィアットプントとなる。言わずもがなフィアット500のひとつ上のクラスに位置するモデルである。

それに手を加えたのが500L、そしてさらにSUV化したのが500Xとなる。

なにが言いたいかは、もはやフィアットグループとクライスラーグループはひとつの会社だということ。

単なるアライアンスではなく、今年一月に社名もFCAとなった。

もともとは“フィアット クライスラー オートモーティブ”の頭文字だが、呼び名は“エフシーエー”となるのでお間違いなく。

さて、話をレネゲードに戻すと、デザインは“アメリカで行われている!”。

しかし、個人的にはちょっぴりイタリアンテイストを感じるが、ジープはプレゼンテーションでそれを主張した。

ジープ伝統の7スロットグリル、丸型ヘッドライトはしっかり継承される。もっといえば、「レネゲード」という名前がそうだ。

そもそもはCJ時代のグレードに使われていた名称。新しいところではKJチェロキーにも使われていた。

今回、それを車名にしたのにはワケがある。イタリアの血が入ってもジープはジープであることを主張する。

主戦場は明らかにオンロード!

パワートレインは、2.4リッター4気筒ガソリンエンジンが基本形となる。

ヨーロッパでは1.4リッター直4ターボも発売されているが、日本に入る見込みは今のところ薄い。というのも6速MTとの組み合わせのみだからだ。

今後、北米での発売が始まればATとの組み合わせが追加されることもなきにしもあらず。個人的にはその辺にも期待したい。

試乗したのはクライスラー製4気筒にフィアットのマルチエア2を取り付けたもの。

それにチェロキーにも搭載されるZF製9速ATが組み合わされるモデル。

といったことからも想像が付くであろうが、走りは至ってマイルド。

いわゆるFFベースのコンパクトSUVで、軽快な走りをする。

主戦場は明らかにオンロードだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ の関連記事

ジープの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジープ の関連記事をもっと見る

ジープ の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25