autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏 2ページ目

新型車解説 2015/4/24 00:25

日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏(2/3)

関連: ホンダ Text: 国沢 光宏 Photo: 和田清志・Honda

ビジネスジェットでクラス随一の性能、それでいてバリューな価格設定

日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏
日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏

ホンダジェットの特徴を並べると、現在販売されている同じクラスのライバルと比べ、価格こそ安くないものの、一番速く、一番高く飛べ、燃費で8~15%良く、それでいてメインテナンスサイクルが長いということになります。もっと言えば、このクラスのビジネスジェットで圧倒的な性能を持ちながら、高くない、ということ。

ちなみにホンダ ジェットの最高速778km/hに対し、今まで一番速かった『エンブラエル フェノム100E』で720km/h。『エクリプス500』が694km/h。『セスナ サイテーション マスタング』は630km/hといった数字。最大巡航高度もライバルより1000m以上高い1万3100mで大型旅客機並。気流の乱れの少ない高度を巡航できる。

ホンダは発表会でアピールしなかったものの、このクラスで唯一の個室トイレも装備してます。聞いてみたら、この点が見込み客の奥様などから非常に高く評価されているとのこと。確かに2185kmという航続距離をフルに使えば飛行時間も2時間越え。簡易トイレしか付けられないライバルを大きく凌ぐ隠れた魅力だと思う。

日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏

メンテナンス性も向上させるなど、全方位でライバルを圧倒

メンテナンスの容易さも大きな武器になっている。これまた大半のメディアが伝えていないことながら、一般的にエンジンのOHは3500~4000時間毎。全部バラして指定部品を交換するという大作業だ。ホンダ ジェットは5000時間毎。ここでもメインテナンスコストを20~30%抑えられる寸法。後出しだけに、なかなか優れてます。

日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏

一番の特長はユニークなエンジン搭載位置

日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏
日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏

機体の特徴は、エンジンの搭載位置。ライバルを見ると、全て機体後部の胴体に2個搭載している。この位置だと機体の後半がエンジン搭載用の補強などで使えなくなってしまう。かといって大型機のように翼の下にエンジン付けると、超小型機では離着陸時に雨水やゴミを吸ってしまうなど数々の問題が出てきてしまう。

そこでホンダ ジェットは主翼の上に置くというユニークな搭載方法を選択した。結果、機体後部にスペースが作れ、個室トイレなども設置出来たのである。加えてエンジン振動がボディに直接伝わらないので、乗った人に聞くと圧倒的に静かだという。ただ主翼の上にエンジンを置くのは空力的に厳しい。そのあたりを解決出来た技術に驚く。

実績皆無な新規参入メーカーの第一弾ながら、既に100機以上の受注を獲得

日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏
日本初飛行!「Honda Jet」(ホンダ ジェット)を徹底解説/国沢光宏

このヒコウキを高く評価したのがビジネスジェットの顧客層である。実績無い新しいメーカーながら、発売前から100機を越える受注を受け(120機を越えているらしい)ている。このクラスは500機を越えれば利益が期待出来ると言われているから、順調なら6~7年で大きな利益を生むかもしれません(年間生産目標は2~3年後に100機程度)。

ちなみにTVなど一般メディアでは大金持ちや大企業が買うと言っているが、間違え。大金持ちや大企業は、最低でも米大陸横断。出来れば大西洋や太平洋を飛び越えられる航続距離を持っていないと厳しい。2000kmのホンダジェットクラスだと、ロスからシリコンバレー往復程度の距離で使われる。つまり社長でなく役員クラスです。

[オマケの動画もどうぞ・・・次ページへ続く]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円