autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アストンマーティン ラピードS 試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2013/8/12 18:55

アストンマーティン ラピードS 試乗レポート/石川真禧照(2/2)

アストンマーティン ラピードS 試乗レポート/石川真禧照

81psアップの558ps 6リッターV12エンジンを搭載

アストンマーティン ラピードS

ラピードSのボンネット下には、自然吸気のV12 6.0Lエンジンが搭載されている。

ラピードはSになり、最高出力は477ps/6,000rpmから81psアップの558ps/6,750rpmへと引き上げられた。トルクも600Nmから620Nm/5,000rpmにアップしている。

エンジン性能曲線を見ると、アイドリングから4,000rpmまでのトルクカーブが40~50Nmほど向上している。

6速ATのトランスミッションはプッシュボタンでDレンジを選択。マニュアルシフトはコラムから生えているパドルレバーで操作する。

新しいDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)のほかに、ADS(アダプティブ・ダンピング・システム)は最新の第4世代へと進化した。

アストンマーティン ラピードS

ラピードSのエンジンスタートは、センターパネル中央にキーを差し込むことから始まる。

Dレンジはキーの右のボタンを押す。P・R・N・Dの各レンジは、すべてプッシュボタンで選択。ADSはノーマル、DSCは「標準モード」を選択して走り出す。

ラピードSにおけるタウンスピードでのステアリング操作は、パワーアシストも強力で女性でも優雅に扱うことが出来るはずだ。

アストンマーティン ラピードSアストンマーティン ラピードS

乗り心地は「標準モード」でもやや硬め。タイヤのザラつきが伝わってくる。フロント245/40ZR20、リア295/35ZR20という超大径ホイールなのだ。

上下動も「標準モード」ではやや大き目だが、「スポーツモード」を選択すれば上下動は抑えられ、本来のスポーツサルーンの走りが楽しめる。

スタートからの加速は、アクセルをフツーに踏み込んだつもりでも鋭いダッシュを体感させてくれる。0~100km/h加速はカタログでは4.3秒だったが、公道上で計測しても5秒台前半をマークした。

そして、ADS、DSCを「スポーツモード」にすれば、まるでレーシングカーのような排気音へと変化。ハンドリングもシャープになり、スポーツ走行しているとこのクルマが本当に立派なリアシートを備えた4ドアセダンとはとても思えなくなるだろう。

アストンマーティン ラピードSの主な仕様

全長×全幅×全高:5,020mm x 2,140mm x 1,350mm / ホイールベース:2,989mm / 車重:1,990kg / エンジン:5,935cc V型12気筒エンジン / トランスミッション:6速AT タッチトロニック2 / 駆動:FR / 最高出力:558PS(550BHP)/6,750rpm / 最大トルク:620Nm(457 LB FT)/5,500rpm / 0-100km/h加速:4.9秒 / 最高速度:306km/h / ガソリンタンク容量:90.5リッター / 価格:2,305万8,457円

アストンマーティン ラピードS 関連記事

アストンマーティン ラピードS 海外試乗レポート/西川淳

アストンマーティン ラピード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アストンマーティン ラピード の関連記事

アストンマーティン ラピードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン ラピード の関連記事をもっと見る

アストンマーティン ラピード の関連ニュース

アストンマーティン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,380万円2,591.6万円

  • アストンマーティン
    DB9

    新車価格

    2,391.4万円2,822.4万円

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,445万円