autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アストンマーティン ラピードS 海外試乗レポート/西川淳

試乗レポート 2013/5/1 11:27

アストンマーティン ラピードS 海外試乗レポート/西川淳(1/2)

アストンマーティン ラピードS 海外試乗レポート/西川淳

追加グレードではなく、いわゆるマイナーチェンジ版

Aston Martin Rapide S - Volcano RedAston Martin Rapide S - Volcano Red

2010年にデビューした4ドアのアストンマーティン、ラピード。2013年春のジュネーブショーでラピードSへと発展し、4月26日(金)に日本でも正式に披露されたばかり。そんなラピードSの国際試乗会がスペインはカタルーニャ地方で行われ、ひと足早くその驚くべき進化を味わってきた。

「ラピードS」というネーミングから追加グレードのように思われるかもしれないが、そうではない。

アストンマーティンは“後継モデル”と言うが、いわゆるマイナーチェンジ版というべきだ。グリルが巨大になって、フロントマスクのイメージががらりと変わったため、“おやっ”と思った方も多いはず。けれどもシルエットはまったく変わらない。あとは、パフォーマンスアップに伴って、リアトランクリッドをつまみ上げたのみである。

チーフデザイナーのマレック・ライヒマンがいみじくも実車を前に言っていたのだけれど、インパクトの強いビッグマスクは、腹の長さを隠す効果がある。なるほど、見る者の視線はまず大きなグリルに向かい、それから初めて後ろへと目線を移すから、不思議と旧型よりも、低くワイドに構えているように見える。

Aston Martin Rapide S -  Morning FrostAston Martin Rapide S -  Morning FrostAston Martin Rapide S -  Morning FrostAston Martin Rapide S - Onyx BlackAston Martin Rapide S - Onyx Black

国産車のビッググリル系とは、一線を画する品の良さ

Aston Martin Rapide S - Kopi Bronze

それにしても、大きなグリルだ。もっとも、ナンバープレートをグリル中央に取り付ければ、いくらかアクの強さも薄まって、見慣れたアストンフェイスになる。

グリルの材質は本物のアルミニウムであり、上の二隅をしぼったデザインとともに、アストンマーティンの伝統をきっちりと継承している。国産車で昨今はやりのビッググリル系とは、一線を画す品の良さがあると思うが、どうか。

Aston Martin Rapide S - Kopi Bronze

大きくなったグリルには、見た目のデザインのインパクト以外にもう一つ、大切な機能が託されている。

衝突時の歩行者保護に積極的な役割を果たすよう、設計されているのだ。4つの回転式ピンでボディに取り付けられたアルミニウム製の巨大な一枚グリルは、万が一、歩行者と接触した場合、その衝撃でまずはピンが回転して外れ、グリル全体が内側へと押し込まれるように設計されている。つまり、アルミグリルが衝突時のインパクトを和らげる一枚の大きな緩衝材として作用するのである。

その次の段階、つまり頭部の保護はどうなっているかというと、他のブランドのように付帯システム、たとえば少量の火薬を使ってフードを持ち上げるポップアップ式などは採用していない。V12エンジンの搭載位置を、従来モデルよりも19ミリ下げたことで、アルミフードとエンジンとの間に十分な空間ができ、それがクッションとして作用して、規定の衝撃吸収を達成する、という仕組みだ。

アストンマーティン ラピード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アストンマーティン ラピード の関連記事

アストンマーティン ラピードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン ラピード の関連記事をもっと見る

アストンマーティン ラピード の関連ニュース

アストンマーティン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,380万円2,591.6万円

  • アストンマーティン
    DB9

    新車価格

    2,391.4万円2,822.4万円

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,445万円