ハイラックス、プラドをアゲ系&ド迫力に仕上げるパーツがJAOSやM'z SPEEDより登場【群馬パーツショー2021】

画像ギャラリーはこちら
2021年10月8日~10日、今年30周年を迎える群馬パーツショーが高崎市のGメッセ群馬にて開催された。エアロパーツやホイールなどを扱う83社ものカスタムメーカーが集い、最新アイテムやカスタムカーを披露し盛況を博した。

この記事では、その中でもトヨタ ハイラックスとランドクルーザープラド向けの最新パーツを発表したメーカーの情報をピックアップ。どのようなブースが出されていたのかご紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. アゲ系ハイラックス! イメージを自在に操る/GMG
  2. トラキャンが気になる人は必見! /M.Y.Sミスティック
  3. 初心者~ベテランまで抜かりなく魅せる/JAOS
  4. 流行カラーのキャリパーカバーやホイールを展示/M'z SPEED
  5. プラド、ランクル適合サイズが充実! /4×4エンジニアリングサービス

アゲ系ハイラックス! イメージを自在に操る/GMG

SUV系のエクステリアパーツを大得意としているGMG(ジーエムジー)。ショー会場でひときわ注目を集めていたのは、新作のトヨタ ハイラックスだ。

オリジナルパーツであるグリル、ボンネット、ワイドフェンダーを備えたボリューム感満点のデザインで、ハイラックスをよりワイルドで力強いイメージへと変貌させている。もともとはローフォルム&ラグジュアリーテイストの外装コーディネートを得意としていた同社だが、近年はオフロード系のアゲ系デザインにも力を入れており、今回もそれを象徴するようなモデルとなった。

ほかにも、人気のプラドとRAV4はローフォルムとオフロードテイストの両スタイルを展示。同じベース車両でここまで異なるアレンジが可能であることにも驚かされる。

>>GMGブースを写真をもっと見る

トラキャンが気になる人は必見! /M.Y.Sミスティック

キャンピングカーの中でも、キャンパーシェルをトラックの荷台に架装する「トラキャン(トラックキャンパー)」と呼ばれるスタイルを得意とするM.Y.Sミスティック。

ショー会場でもトヨタ ハイラックスの荷台にキャンパーシェルを搭載するトラキャンを展示した。搭載していたのはヒットモデルの「Jcabin H(ジェイキャビンH)」。二の字ベッドやバンクベッドを備えた余裕の室内スペースが魅力のモデルだ。

トラキャンの魅力は、キャンピング登録が不要のためシェル内部を好みのレイアウトや装備で自由にアレンジすることが可能な点にある。オーナーのニーズに合わせてオーダーメイドで室内をコーディネートできるという訳だ。ハイラックスのデビュー以来、注目を集めているトラキャンを要チェック!

>>M.Y.Sミスティックブースを写真をもっと見る

初心者~ベテランまで抜かりなく魅せる/JAOS

4WDに対して、定番のカスタムを提案したのがビッグブランドのJAOS(ジャオス)だ。

プラドには40mmアップの足回りである「BATTLEZ (バトルズ)サスペンション」を投入。乗り心地とアゲフォルムを両立させる足回りのアレンジをアピールし、入門ユーザーに向けてここから始める定番スタイルをナビゲートする。

同様にハイラックスにもBATTLEZのサスペンションを組み、リフトアップスタイルをアピール。合法カスタムでありつつ、カッコ良さと快適さを併せ持つカスタム手法はJAOSならではといえよう。

またオリジナルホイールである「TRIBE CROSS(トライブクロス)」も大プッシュ。プラド/ハイラックスに適合する17×8J IN20サイズを用意し、4WDのフォルムに似合うシンプル&スポーティなホイールとなった。

>>JAOSブースを写真をもっと見る

流行カラーのキャリパーカバーやホイールを展示/M'z SPEED

足回りパーツの充実が光ったの、はM'z SPEED(エムズスピード)のブースだ。

プラドやハリアーなどに対して大径ホイールをチョイスするユーザーが増えている中、気になるのは純正キャリパーの貧弱さ。そこでヒット中なのが同社のキャリパーカバーだ。

シャンパンゴールドや赤などの定番カラーリングに加え、ゴールドやパステルグリーンのオプションカラーも用意され、足回りのカラーコーディネートに絶好。大径ホイール導入時、合わせてチョイスしたい小技アイテムだ。

また、同社のブースでは人気ホイールも展示。プラド、ハイエース対応の「Juno crystalling(ジュノゥ クリスタルライン)」の20インチも並ぶが、やはり昨今人気となっているマットブラックのカラーリングが注目を集めていた。「Juno 859 monoBlock(ジュノゥ 859 モノブロック)」の17インチはブラポリカラーを展示、こちらも定番としてヒット中だ。

>>M'z SPEEDブースを写真をもっと見る

プラド、ランクル適合サイズが充実! /4×4エンジニアリングサービス

4×4エンジニアリングサービスの大定番ホイール「ブラッドレーV」は、150系プラドにジャストフィットするサイズリニューアルを実施した。

新サイズは17インチ×8J IN20。従来のプラド適合サイズはIN25だったのでより攻めたインセットとなったのが特徴。インセットの変更でフェイスデザインも変更され、リムの深度を稼いだフォルムに進化したのも見どころだ。

また同時にニューカラーとしてマットブロンズ、マットガンメタを投入。大ヒットを続けるプラドの新規ユーザーにもアピールするラインナップとなった。

さらにオールドファンには嬉しいのが、「ブラッドレー フォージド匠」に16インチモデルが追加されたというニュース。古いランクル(40系など)にも適合するモデルを用意。40系適合サイズにはホワイトカラーも用意される。

>4×4エンジニアリングサービス ブースを写真をもっと見る

[筆者:土田 康弘/撮影:MOTA]

トヨタ/ハイラックス
トヨタ ハイラックスカタログを見る
新車価格:
352.7万円431.2万円
中古価格:
91万円730万円
トヨタ/ランドクルーザープラド
トヨタ ランドクルーザープラドカタログを見る
新車価格:
366.6万円554.3万円
中古価格:
84.8万円716.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

土田 康弘
筆者土田 康弘

記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわ湖花街道

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ハイラックスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイラックスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイラックスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイラックスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイラックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる