テスラ モデルS オーナーインタビュー/株式会社IDCフロンティア 取締役 西牧哲也氏(1/2)

テスラ モデルS オーナーインタビュー/株式会社IDCフロンティア 取締役 西牧哲也氏
テスラ モデルS オーナーインタビューにて(左)自動車評論家の森口将之氏(右)テスラ モデルSオーナーの西牧哲也氏 西牧氏の所有するテスラ モデルS (左)自動車評論家の森口将之氏(右)テスラ モデルSオーナーの西牧哲也氏 納車されたモデルSについてインタビュー中の森口氏(右)とモデルSオーナーの西牧氏(左) テスラ モデルSオーナーの西牧哲也氏 自動車評論家の森口将之氏 モデルSオーナーの西牧氏と自動車評論家の森口氏 2014年、ようやく日本でもデリバリーが開始された「テスラ モデルS」 テスラ モデルSオーナー西牧氏の車庫にて、壁に備え付けられているのが充電器。 テスラ モデルSの充電口はテールライト内に隠されている テスラ モデルSの充電を行う森口氏 画像ギャラリーはこちら
西牧氏の所有するテスラ モデルS

次世代自動車の本命と言われる燃料電池自動車(FCV)がトヨタから発表された。それまで注目されていた電気自動車(EV)の時代は終わったという声もある。

そうなのかなあ?と思っていたら、編集部の周辺でEVを買ったという人が現れた。しかも、なんとアメリカEVベンチャーの旗手、テスラの「モデルS」だ。最初にデリバリーされたシグネチャー仕様が最近納車されたという。

さっそくその使い勝手を、モデルSのオーナーとなった西牧さんに伺った。

購入のきっかけは、テスラ ロードスターの試乗とモデルSの「シルエット」

(左)自動車評論家の森口将之氏(右)テスラ モデルSオーナーの西牧哲也氏

オートックワン(以下AO):西牧さんはこれまで、どんなクルマを所有されておられたのでしょうか?

オーナー 西牧様(以下N):テスラの前は、アウディQ7を7年乗っていました。5人家族なので3列シートの車種が欲しかったのです。その前は家族の移動用にホンダ・オデッセイ、個人の楽しみ用にメルセデス・ベンツSLKやBMW Z4などを持っていました。

AO:ということは、EVはこのテスラ・モデルSが初めてとなるわけですが、ガソリン車から乗り換えた理由はどこにあるのでしょうか?

テスラ モデルSオーナーの西牧哲也氏

N:日本法人のテスラ・モーターズ・ジャパンに知り合いがいて、最初の車種であるロードスターに乗せてもらったんです。あの加速にぞっこんになってしまいました。でも家族があるし、ゴルフに行くことが多いし、クルマ選びは実用性を大事にしているので、ロードスターを買おうとは思いませんでした。ところが3年前に、モデルSのシルエットの写真を見せられたのです。これこそ理想のEVだと思い、すぐに予約をしました。

AO:ガソリン車からEVに乗り換えるにあたって、不安はありませんでしたか?

N:電池だけでどれだけ走るかはやっぱり心配でした。でもアメリカですでに販売されていたモデルSの状況を見たり聞いたりしたら、どうやら大丈夫そうだという結論になったのです。予約したときは少なかった急速充電スポットも、この一年でグッと増えましたからね。最初はもう1台ガソリン車が必要かと思ったんですが、結果的にはこれ1台ですべての用を賄えるので、今はテスラだけです。

「日産 リーフ」ではなく「テスラ モデルS」を選んだ理由

充電中のテスラ モデルS

AO:国産車にもEVはありますが、そんな中でテスラを選んだ理由は?

N:レンタカーで日産リーフを借りてゴルフに行ってみたんですが、帰りに充電しなければならなかったんです。リーフのバッテリー容量は、自分の使い道には足りなかったというわけです。さっきも言ったように、当時は急速充電スポットが少なかったですし。でも大容量バッテリーを積んだテスラ・モデルSなら、最長500kmも走れるという。モデルSの予約は間違っていなかったと思った訳です。

AO:予約から納車までにかなり時間が掛かったようですが?

N:最初は1年半ぐらいと言われていたんですが、結局3年以上掛かってしまいました。でも年に2回ぐらいは状況を伝えてくれるメールの連絡はきていました。それよりもこの間に為替相場が円高から円安に変わって、日本円での価格が倍ぐらいになってしまったほうが大きかったですね。でも納車前に試乗して、やっぱりいいと思ったので、キャンセルは考えませんでした。

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

森口 将之
筆者森口 将之

1962年東京都生まれ。モータージャーナリスト&モビリティジャーナリスト。自動車専門誌の編集部を経て1993年フリーに。各種雑誌、インターネット、ラジオなどのメディアで活動。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。グッドデザイン賞審査委員。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

テスラの最新自動車ニュース/記事

テスラのカタログ情報 テスラの中古車検索 テスラの記事一覧 テスラのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる