【新型アウトバック全貌解説】注目はアイサイトXの標準装備化とレヴォーグよりも高級になった内容にアリ! 期待したいのはウィルダネスなる特別仕様車の日本発売だ

  • 筆者: 工藤 貴宏
  • カメラマン:茂呂 幸正・SUBARU
画像ギャラリーはこちら
7年ぶりのフルモデルチェンジとなったスバル 新型レガシィ アウトバック。その名の通りかつて一世を風靡したレガシィのクロスオーバーSUVモデルだ。すでに北米市場などでは発売されており、やっと日本市場にも投入されたカタチだ。注目はレヴォーグではオプション設定となっていた運転支援システム「アイサイトX」の標準装備化、そして大型化されたボディにより拡大されたラゲッジルームと後席スペースにある。一体新型レガシィ アウトバックはどんな仕上がりとなっているのか? その全貌をご紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. 北米市場より2年遅れての投入! 新型アウトバックは日本専用装備満載で登場
  2. 内外装デザインとエンジンが日本専用! しかも新型アウトバックはアイサイトXが標準装備
  3. ボディサイズはさらに拡大! 後席やラゲッジルームはより快適なスペースに
  4. 新型アウトバックは2グレードを用意。価格は420万円程度〜
  5. 北米で大人気の特別仕様車「ウィルダネス」の日本発売にも期待

北米市場より2年遅れての投入! 新型アウトバックは日本専用装備満載で登場

車高を上げてワイルドにしたステーションワゴン。「スバル レガシィ アウトバック」をもっとも簡潔に説明するならば、そうなるだろう。広い荷室を持つパッケージングはステーションワゴン譲り。

しかし、大きなタイヤを履かせて車高をアップしているので、普通のステーションワゴンでは入り込めない悪路にもガシガシ入っていけるワゴンの変化球だ。

そんなアウトバックの6世代目となる新型がついに2021年9月2日より予約がスタート。情報が明らかになってきた。

>>【スバル最新納車情報】最短納車はインプレッサ、注目の新型アウトバックは最速で12月! レヴォーグはまもなくオーダーストップに

7年ぶりのフルモデルチェンジ!

多くのスバリスト、そして新型アウトバックを購入対象と考えている人にとって、次期アウトバックは“待望の新型”といえるだろう。なぜなら、なかなか日本で発売されずじらされていたからだ。

アウトバックは日本では先日まで5代目にあたる現行モデルが生産されていていたのだが、最大の市場である北米ではなんと2年以上も前からこの新型の生産をはじめ、とっくに発売されていたのだ。

ドイツやオーストラリアなど北米以外の地域でも販売がはじまっており、スバルにしては珍しく、日本はわりと遅い登場となった。

内外装デザインとエンジンが日本専用! しかも新型アウトバックはアイサイトXが標準装備

とはいえ、日本デビューが遅い言い訳もしっかりある。北米など日本以外の地域向けのモデルとは異なる部分や、より高性能な機能の搭載があるからだ。

フロントグリルに注目! わずかに北米市場とは異なるデザインを採用

まずスタイリング。パッと見たところは日本向けも北米向けも変わらないが、よく見ると細かい部分が違う。

たとえば顔つきはフロントグリルやバンパー下部(日本向けの中央はシルバー飾ったハニカムグリルで左右のフォグランプ周辺の意匠も異なる)のデザインが違う。またタイヤの周囲を覆うフェンダーのクラッディングも異なり、こちらはシンプルな北米モデルよりも大型化されて存在を強く主張する日本向けのほうがワイルドだ。日本仕様のエクステリアは欧州仕様に準じている。

レヴォーグと同じ1.8リッターターボエンジンにアイサイトXを全車標準に

パワートレインも違う。2.5Lの自然吸気もしくは2.4Lのターボエンジンを積む海外向けに対し、日本向けは1.8Lターボを搭載。エンジンルームには新型レヴォーグと同じCB18エンジンが収まるのだ。

もうひとつの注目は、先進安全運転支援機能の「アイサイト」だ。

海外向けは従来の「アイサイトver.3」に留まるが、日本向けは全車に最新の「アイサイトX」を標準搭載。

いわば巨大化したレヴォーグのSUVモデルという仕上がり

というわけで、海外向けと日本向けの大きな違いはメカニズム。日本仕様は、CB18エンジンやアイサイトXといった海外向けには未採用の最新メカニズムが盛り込まれているのだ。

SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)やフルインナーフレーム構造を採用したプラットフォーム&ボディに加え、最新メカニズムを搭載した日本向けの新型アウトバックは、少し乱暴な言い方をすると「ひとまわり大きくなり、ワイルドさを増したレヴォーグ」といっていいかもしれない。もちろん駆動方式は全車AWDで、トランスミッションはCVTを組み合わせる。

ちなみに、北米向けは現地生産。いっぽうで日本向けは日本生産となっているのも日本仕様のポイントだ。

ボディサイズはさらに拡大! 後席やラゲッジルームはより快適なスペースに

アメリカ市場をメインに考えて設計されたアウトバックは日本の道路環境では“大きすぎる”という声もある。しかしオーナーのなかには逆に、その大きさこそが魅力と考えている人も少なくないに違いない。そんな新型アウトバック好きにとって朗報といえるのは、ボディがさらに大きくなったことだ。全長は4870mmでこれは先代よりも50mm伸びている。全幅も35mm増しの1875mm。

>>デカすぎる新型アウトバックに待った! 次はレヴォーグベースのSUVモデルを投入か!?

その恩恵を受けるのは室内の広さで、レヴォーグを大きく凌ぐゆったりした後席足もとや、後席使用時の床の奥行きが約1.08mの広大なラゲッジスペースは大型ワゴンならではパッケージングに他ならない。ここが、アウトバックを選びたくなるポイントだ。

5段階のリクライニング調整ができる後席背もたれや、荷室壁のレバー操作によりワンタッチで倒れて段差のないフラットな床(倒した後席部分は若干傾斜するが)になる荷室など、スバルのワゴンやSUVが備える伝統的な美点を継承しているのは言うまでもない。

縦型ナビにフル液晶メーターを採用! レヴォーグとの最大の違いはパーキングブレーキの設置位置

ダッシュボードや運転環境は、レヴォーグに準じた部分とそうではない部分がある。準じているのは、12.3インチのフル液晶メーターや11.6インチのタッチパネル式センターディスプレイを搭載していること。

センターディスプレイの左右にあるオーディオや空調スイッチの優れた操作性や、高い位置にマウントしたシフトレバーもレヴォーグと同様だ(ただしパーキングブレーキの位置などはレヴォーグとは異なる)。

いっぽうで異なるのは、上質感。ダッシュボード助手席前の大胆にレザーを張ってそれを運転席やドアトリムまで繋げ雰囲気は明らかに高級感がある。

またクローム部品も多く使ってプレミアムな雰囲気を訴えているのが印象的だ。

新型アウトバックは2グレードを用意。価格は420万円程度〜

グレードは2タイプあり、まず防水処理のシート表皮を組み合わせ、悪路でのタイヤの空転を防ぐ「X-MODE」を2モード式とするなどアクティブな仕立ての「Xブレイク EX」。

そして電動テールゲートを標準採用しオプションとしてナッパレザーの本革シートも用意する上位グレード「リミテッド EX」も設定される。

価格はまだ明らかになっていないが、どうやらレヴォーグの最上級グレードの10~20万円アップ程度になる気配。これは情報が入り次第、追ってお届けしよう。

北米で大人気の特別仕様車「ウィルダネス」の日本発売にも期待

ところで、ここまで読んで何か物足りなさを感じた事情通もいるかもしれない。北米で発表されて話題になっている「ウィルダネス」が、なんと日本仕様にはラインナップされていないのだ。

ウィルダネスとは、バンパーやサイドクラッディングなどエクステリアを無骨にするとともにより悪路向けのサスペンションで車高をアップし、走行制御もさらなる悪路に対応した無骨なモデル。より野性的なアウトバックだ。

現時点では日本販売の計画はないというが、多くのファンの声がスバルを動かす力になる可能性もゼロではない!

>>新型レガシィアウトバックはアイサイトXを搭載か!? 日本にもオフロード色を強めた特別仕様車の販売に期待

【筆者:工藤 貴宏/撮影:茂呂 幸正・SUBARU】

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
工藤 貴宏
筆者工藤 貴宏

クルマ好きが高じて在学中から自動車メディア業界に足を踏み入れ、気が付けば四半世紀。自動車雑誌編集者から編集プロダクション勤務を経てフリーランスの自動車ライターとして独立。自動車関連の雑誌やウェブで活躍している。モットーは「そのクルマは誰を幸せにするのか」。使い勝手などユーザー目線の記事を得意とする。永遠のスポーツカー好きで愛車はフランス製のホットハッチとディーゼルエンジンを積んだSUV。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル レガシィアウトバックの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レガシィアウトバックのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レガシィアウトバックの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レガシィアウトバックの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レガシィアウトバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる