愛犬家必須のドライブアイテム!ペットと車を守るペット用シート3選

  • 筆者: MOTA編集部
お家でペットを飼っているなら、1度は愛車に可愛い子を乗せてドライブなどを楽しみたいですよね。でもただシートに乗せると急ブレーキだけではなく、普通に運転している車だとしてもペットは踏ん張っておくこととなります。そこで今回は車載用ペットシートを3つ紹介するので、ペットに合わせたサイズなどを考慮して購入しましょう。

車には絶対に欲しいペット用ドライブシート

ペットを飼っている人なら1度は検討してほしいのが、このペット用シートです。万が一事故にでもなったら、人間はシートベルトで守られていてもペットは飛んで行ってしまいますよね。

また普段の発進時、停車時などはペットには予測できません。毎回力ませていたら、かなり疲れてしまうでしょう。ですのでペットシートはしっかりと購入することをおすすめします。

ワンコもゆったりくつろげる広々シート

4層高品質の材料で耐久性や耐摩耗性も高いASAKA ペット用ドライブシート 車用ペットシートは、ASAKAという有名ブランドなだけあってユーザーからの評価も高い一品です。柵があるわけではないのでケガにつながる心配はなく、ペットもゆったり安心して使える設計なのがポイント。

もちろん防水効果もばっちりなので、遠出のお出かけでも心配はいりません。手洗い、押し洗いで清潔を保つことができるので、ペットも飼い主も快適に使えます。

ASAKA ペット用ドライブシート 車用ペットシート
メーカー名ASAKA
商品名:ペット用ドライブシート 車用ペットシート
重量1.8kg
サイズ147cm×137cm
Amazon販売価格(2020年8月22日時点)3,069
楽天販売価格(2020年8月22日時点)5,133

簡易キャリーケースにもなるアイデア商品

かごタイプのアイリスオーヤマ ドライブボックス ブラウン Lサイズは、付属のベルトを前のシートに固定するだけという簡単な設置方法で女性にも安心です。ワイヤー入りのかごバッグなので、ブレーキ時や発進時にも耐える丈夫な構造。バッグのような取っ手も付いているので、車からお家への移動や通院時にも便利です。

さらにこのドライブボックスには屋根をつけることができますが、メッシュ加工なので中でペットが暴れても安心です。ペットを傷つけることなく、しっかりと守れるのが嬉しいポイントですね!

アイリスオーヤマ ドライブボックス ブラウン Lサイズ
メーカー名アイリスオーヤマ
商品名:ドライブボックス ブラウン Lサイズ
重量
サイズ63×43×33cm
Amazon販売価格(2020年8月22日時点)6,143
楽天販売価格(2020年8月22日時点)5,670

大型犬も安心!車もペットも守る大判ドライブシート

かなり大きなサイズのペットを飼っているなら、このほとんどのタイプの車(SUV、マイクロバス、トラック)に対応したKYG ペット用ドライブシートはいかがですか?シート型なので、椅子を倒せば空間を広くすることもでき、多頭飼いの人にもピッタリです!

さらにトランクに荷物を出し入れする際に付く傷を防止する車用シートカバーとしても便利なので、まずはそのために購入してみて強度を試すのも名案でしょう。

KYG ペット用ドライブシート
メーカー名KYG
商品名:ペット用ドライブシート
重量
サイズ182.5cm×103.5cm
Amazon販売価格(2020年8月22日時点)2,499
楽天販売価格(2020年8月22日時点)4,021

ペットも車も守る大切なアイテムだからこそこだわりたい

今回はペットに焦点を当てましたが、これは愛車にも言えることです。傷や汚れをはじくためのシートとして使用してみるのもいいかもしれませんね!

”ペットも車も守る大切なアイテム”だからこそ、こだわって購入してみてください。

▼MOTA厳選!おすすめドライブアイテムはコチラ▼

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる