キャンプや車中泊、夜のドライブするならランタンを!3密避けて楽しく過ごそう!

  • 筆者: MOTA編集部
このご時世、どこかに遊びに行くなんてこともできずに、少し寂しい毎日を送っているのではないでしょうか?愛車にも乗れないし、どこにも行けないなんて思っていませんか?そこで今回おすすめしたいのは3密を避けたキャンプへ行く際に絶対持っていきたい、ランタンについて解説していきます。車内から出ずにキャンプするなんてこともできるので、ぜひ購入を検討する際には参考にしてみてください!

>>レジャーはもちろんもしもの時に備えておきたい「LEDランタン」の詳細はコチラ

目次[開く][閉じる]
  1. 非常時にも活躍する高性能LEDランタン
  2. これ一つで車内もキャンプもお任せ
  3. 優しい光が車中泊やキャンプにピッタリ
  4. ランタンで楽しい夜のドライブなんていかが?

非常時にも活躍する高性能LEDランタン

LOGOS パワーストックランタン 1000

LOGOSのパワーストックランタンはその名のとおり、光の持続時間が長いパワフルな設計となっています。2種類の大きさがあるのですが、大きい方(2000)はなんと最長14時間も光を持続します。

またこちらの商品の蓄電池容量は10400mAhもあり、USBが2つついているので、もしもの時に2台同時に充電が可能。満タンの充電の状態でiPhone8を約5.7回フル充電することができます。(温度や個体の使用助教により異なる)

明るさは3つ調節ができ、白い光、中間色、温かい光のすきなものを選べます。そして点滅も選べるのでSOS信号も簡単に送れるのです。

なにかあったときに心の支えとなりやすいのが光なので、持っていない人はぜひ高機能のランタンを購入してみてください。

>>amazonの購入先はコチラ

>>楽天の購入先はコチラ

LOGOS パワーストックランタン
メーカー名LOGOS(ロゴス)
商品名:パワーストックランタン 1000
バッテリー容量10400mAh
製品重量約700g
サイズ約12.5cm×12cm×5.7cm
Amazon販売価格(2020年5月15日時点)15,404
楽天販売価格(2020年5月15日時点)20,900

これ一つで車内もキャンプもお任せ

AUKEY(オーキー)LEDランタン LT-SCL01

こちらはわずか107gというその軽量ボディで携帯性がよく、アウトドア用品の中でも愛されている商品です。軽量だからといって光量が少ないのかと思いきや、これもかなりの明るさ。

ポイントはなかにマグネットが入っているので、マグネットに反応するものであればどこにでも取り付けることが可能なところ。また引っかけるフックが上部についているので、木があれば簡単に上から光を照らせるところもおすすめです。

充電のためのUSBも1つついていて、もしもの時には充電も可能。アウトドア以外にも修理などの細かい作業を照らすライトになったり、さらに災害時にも便利ですよね。

小さめのを1つ持っておきたいという人におすすめしたいのが、このLEDランタン LT-SCL01なのです。

>>amazonの購入先はコチラ

>>楽天の購入先はコチラ

AUKEY(オーキー)LEDランタン LT-SCL01
メーカー名AUKEY(オーキー)
商品名:LEDランタン LT-SCL01
バッテリー容量1800mAh
製品重量107g
サイズ4.5cm(高さ)×6.7cm(直径)
Amazon販売価格(2020年5月15日時点)1,599
楽天販売価格(2020年5月15日時点)4,100

優しい光が車中泊やキャンプにピッタリ

snow peak(スノーピーク) たねほおずき

この女性ウケしそうな名前のとおり、外観はひと言でいえば「かわいいランタン」です。光を広げる傘の部分はシリコンになっており、「揺らぎモード」という光をさらに優しく照らしてくれる役割をする素材感となっています。

メインランタンとしての使用というよりも、キャンプなどで最後に本を読みたい…なんていうときに使えるようなランタンです。電池式なので電池さえストックしておけば、いつでもどこでも光ります。

充電式のランタンとあわせて持っておくのも、良いかと思いますよ!

>>amazonの購入先はコチラ

>>楽天の購入先はコチラ

snow peak(スノーピーク) たねほおずき
メーカー名snow peak(スノーピーク)
商品名: たねほおずき
バッテリー容量電池式
製品重量57g(電池含まず)
サイズ7.5cm(高さ)×6.2cm(直径)
Amazon販売価格(2020年5月15日時点)4,400
楽天販売価格(2020年5月15日時点)4,400

ランタンで楽しい夜のドライブなんていかが?

3密を避けたキャンプや車中泊、夜のドライブなんかに使えるランタン。もちろん防災グッズにとしても役立つので、ぜひ1つは購入しておきたいアイテムです!

▼MOTA編集部厳選オススメカーグッズはコチラ▼

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる