淹れたてのコーヒーを車内で♪「車用電気ポット」でドライブや車中泊をもっと楽しもう!

  • 筆者: MOTA編集部
ドライブ休憩中に飲む、一杯の熱いコーヒー…たまりませんよね。でも、サービスエリアや自動販売機がない場所でも、クルマの中で熱い飲み物や、はたまたカップラーメン、ゆで卵なんかを楽しみたくありませんか? 今回は、そんな時にオススメな「車用電気ポット」をご紹介します!

>>ドライブにキャンプに大活躍!「車用電気ポット」の詳細はコチラから

「車用電気ポット」でホッと一息しませんか?

大容量1200ml! 家族ドライブにも

URBENFIT 車用電気ポット DC12V-24V兼用

価格:5,999円(消費税込み)

水を100度で沸騰させると自動でオフになり、保温ができるこの電気ポット。1200mlと大容量のため、家族でのお出かけ、長距離ドライブ、アウトドアや車中泊などで活躍! カップ麺やゆで卵、食後のコーヒーと、何度も沸かすことなくたっぷりと使えます。

満水の沸騰にかかる時間は、一般的なクルマの12Vなら約50分、トラックなどの24Vなら約28分。少なめの水ならもっと早く沸かせますよ。また、殺菌や塩素除去もでき、他製品だと気になるプラスチック臭もないので美味しいお湯で調理ができます!

>>amazonでの購入先はコチラ

おひとり様ちょうど、コンパクトな400ml

直流家 ワクヨさん 12V 車用 湯沸器

価格:5,981円(消費税込み)

一人分にちょうどいい400mlが20~30分程で沸かせる、その名もワクヨさん。内側は耐熱ガラス製でにおい移りせず、また外側は強化プラスチックになっていて、透明だから水の量や沸騰の様子が外から確認できます。温度指定もでき、ぬるめの水で口をゆすぐなど多用途に使えますよ。

デジタルの温度表示で水温を把握でき、また数字が光るから夜でも見やすいのも嬉しいポイント。ただ、沸騰時はプラスチック部が熱くなるため注意してくださいね。

>>amazonでの購入先はコチラ

災害時や緊急時にも役立つ!

お湯だけで調理できるアウトドア食や保存食など、災害時に威力を発揮する“お湯”。顔を洗ったり、温かい濡れタオルで体を拭いたりと、お湯さえあれば快適に行えることはたくさんあります。

もしもの時の安心につながる「車用電気ポット」、オススメですよ!

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる